2008年03月20日

柳津まんじゅうツアー (その 1)

もうずいぶん前のことになってしまいましたが、2008/03/20(木・祝)〜03/21(金) に、春分の日と、翌日は有給休暇を取って、栗 (くり) まんじゅうを食べるだけのために 1 泊 2 日で出かけてきました。

行先は福島県の会津柳津という町で、その町にある岩井屋というまんじゅう屋さんが今回の旅の目的地です。

あこがれの岩井屋
あこがれの岩井屋

岩井屋の後ろ姿
岩井屋の後ろ姿

このまんじゅう屋さんは、探偵! ナイトスクープというテレビ番組で「お土産に持って帰ることができない栗(くり) まんじゅうを持って帰りたい」という依頼で紹介されていました。この番組を見て以来、妻と 2 人で「これは行かねばならない」とずっと言い続けていたまんじゅう屋さんなのです。

柳津までの往復などは、その 2 以降で紹介し、ここでは岩井屋について中心的にとりあげます。

岩井屋に到着すると、妻は興奮して熱心に品定めしていました。と言っても売っている商品の種類は 3 種類ぐらいしかないので、お土産にするのはどの大きさの箱にするか、中身の組合せをどうするか、誰に送るか、というような事を決めていただけです。

岩井屋店頭で品定めする妻
岩井屋店頭で品定めする妻

店頭には人形がいて出迎えてくれます。

店頭で迎えてくれるお福ちゃん
店頭で迎えてくれるお福ちゃん

なぜお福ちゃんとわかるかというと、ちゃんと書いてあるからです。

名前
名前

初日に岩井屋へ行った時は動いていなかったこのお福ちゃんですが、実は動きます。2 日目に再び岩井屋へ行くと、元気に動いていました。上の写真と向きが違うので、動きがなんとなくわかってもらえるのではないかと思います。左右に体全体を振りながら、頭を上下する動きです。

お福ちゃんは動きます
お福ちゃんは動きます

もちろん記念写真を撮りました。お福ちゃんの持つ盆に積み上げられている黄色いまんじゅうは、粟 (あわ) まんじゅうです。実はこの地域のまんじゅう屋の看板商品は、番組で取り上げられていて、私もそれを買いに来た栗 (くり) まんじゅうではなく、このお福ちゃんが持っている粟 (あわ) まんじゅうなのです。ここまで栗 (くり) まんじゅうと書くたびに一々読みを書いていたのは、栗 (くり) と粟 (あわ) の漢字が似ていて、そこを読み違えるとわかりにくくなってしまうので、全ての栗(くり) と粟 (あわ) に読みをつけたためです。

写真でお福ちゃんが持っている粟 (あわ) まんじゅうはもちろんニセモノですが、私が手に 1 つだけ持っているのは、本物の粟 (あわ) まんじゅうです。

お福ちゃんと記念撮影
お福ちゃんと記念撮影

お店には豪快な大きさの栗 (くり) まんじゅうの試食がありました。もちろん早速いただきました。中には栗が丸々 1 個入っていて、それもすばらしいのですが、餡が白餡であるために、しつこすぎることがなく、いくらでも食べられるという感じです。あとでわかったのですが、栗 (くり) まんじゅうの餡が白餡であるのは、岩井屋だけでなく、この地域の栗 (くり) まんじゅうの一般的な姿のようです。

栗 (くり) まんじゅうの試食
栗 (くり) まんじゅうの試食

注文して待っていると、お茶を出してくれた上に、さらに粟 (あわ) まんじゅうを妻と私に、しかも試食用に切ったものではなく、丸々のものを、なんと 2 個づつくれました。上のお福ちゃんとの記念撮影で私が持っている 1 個は、このもらったもののうちの 1 つです。

また、店内には古い店らしく雑多なものが置いてあって非常に面白いのですが、待ち時間に店内を見ていると、レジの横に 10 枚ほどの色紙が立てかけられているのを見つけました。お店の人に言って見せてもらうと、その中に探偵! ナイトスクープの色紙を発見しました。

探偵! ナイトスクープの色紙
探偵! ナイトスクープの色紙

色紙とも一緒に記念写真を撮ってみました。

探偵! ナイトスクープの色紙と記念撮影
探偵! ナイトスクープの色紙と記念撮影

最後に、お土産の箱詰めもしてもらいって、戦利品を手にお店の前で記念撮影です。

岩井屋前で記念撮影
岩井屋前で記念撮影

もらった粟 (あわ) まんじゅうは、店の前で食べました。炊き立てのご飯のような匂いがして、おいしくいただけました。

粟 (あわ) まんじゅうと岩井屋
粟 (あわ) まんじゅうと岩井屋

栗まんじゅうももちろん早速食べました。上述した白餡とともに、上に乗ったナッツが特徴です。白餡のおかげで、連続して食べられる感じで、そのため一つ食べるとついつい次、次、と食べてしまい、気付くと箱が空になってしまうので、「お土産に持って帰ることができない」のです。我々帰路でいくつか食べましたが、自宅まで持ち帰り、会社までお土産に持って行くことに成功する程度の自制心はありました。

栗 (くり) まんじゅうと岩井屋
栗 (くり) まんじゅうと岩井屋

我々はそれを知った上で、あえて旅行の目的地にここを選んだのですが、わざわざ店まで行かなくても、楽天で通販もやってます...

柳津まんじゅうツアー (その 2) へ続きます。
2010/08/11(水) 追記

国立国会図書館の IP アドレスからアクセスがありました。1 ページ目から 7 ページ目まで読んでいただいたようです。就業時間中のアクセスということは、業務調査でしょうか。ありがとうございます。

訪問日時:
2010-08-09 15:09:03

IPアドレス:
202.221.41.1
Host Name 202.221.41.1
Country Japan
Network(ASN) NDLNET
IP Prefix 202.221.41.0 - 202.221.41.255
Description National Diet Library (国立国会図書館)

国:
日本

訪問回数:
新規訪問者

閲覧開始ページ:
奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 1)

訪問経路:
訪問経路表示 - 7 ページビュー - 15分 49秒
1. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 1) 2010-08-09 15:09:03
2. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 2) 2010-08-09 15:13:17
3. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 3) 2010-08-09 15:14:01
4. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 4) 2010-08-09 15:19:17
5. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 5) 2010-08-09 15:19:47
6. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 6) 2010-08-09 15:20:51
7. 奥村の貧乏暇なし Blog: 柳津まんじゅうツアー (その 7) 2010-08-09 15:24:52

参照元:
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%B2%A9%E4%BA%95%E5%B1%8B%E3%80%80%E6%A0%97%E9%A5%85%E9%A0%AD&hl=ja&lr=lang_ja&tbs=lr:lang_1ja&ei=KJtfTISaBo3ZceLx9dkO&start=10&sa=N

検索ワード:
岩井屋 栗饅頭

OS:
Windows XP

ブラウザ:
MSIE 7.0

言語:
日本語

JavaScript:
有効 [1.5]

表示色:
32 bit

解像度:
1366x768

クッキー:
有効


posted by Okumura at 23:45 | ☔ | Comment(7) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、お土産に出来ないとはそういう意味なのね。しかし福島は大阪からは遠すぎ(笑。
Posted by くくつ at 2008年05月20日 00:13
> くくつさん

自制心のある我々でも、大阪まで帰っていたら
もたなかった (一箱食べてしまっていた) かも...
Posted by Okumura at 2008年05月20日 20:27
通販では味わえないものがある。
(1)出来たてのお饅頭
(2)岩井屋さんの温かい雰囲気

しかし、福島まで栗饅頭を食べに行くとは
「貧乏暇あり」ですね。
Posted by あんぱんち at 2008年05月20日 21:27
> あんぱんちさん

そうですね。岩井屋さんは、とくにおばあちゃんがいい
雰囲気でした。
Posted by Okumura at 2008年05月22日 01:31
粟饅頭を味わうために一泊二日の旅
いきなものですね。
私は甘いもの大好き人間ですが、今は
血糖値が高く唾を飲み込むだけです。
饅頭が白餡がいいね。
それにもまして皆さんが親切なのが
旅をいいものにしてくれます。
よかったね。
Posted by マッキー at 2008年05月23日 17:32
粟饅頭を食べるために一泊二日の
旅とはちよいといきなもんですね。
私は甘いもの大好き人間ですが
血糖値が高く涙、いやつばをのんで
います。餡が白餡がいいですね。
それに皆さんが親切、いい旅をし
ましたね。二人の人柄の反映ですよ。
Posted by マッキー at 2008年05月23日 17:50
> マッキーさん

おいしいものが食べられるのは健康のおかげで、
感謝しています。

旅先でもいつもいい方々に出会えていて、とても
ラッキーなことだと思っています。
Posted by Okumura at 2008年06月08日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック