2006年11月28日

Dinner Cruise - シドニー湾ディナークルーズ

Dinner Cruise - シドニー湾ディナークルーズ

シドニー出張も今週が最後で、オフィスへ来るのもあとわずかとなりました。シドニーのオフィスに勤務している日本人の方に送別ディナーをしたいと言って誘ってもらったので、ディナークルーズに行ってきました。

これが今回乗ったキャプテンクッククルーズ Captain Cook Cruises の SYDNEY 2000 号です。

キャプテンクッククルーズ SYDNEY 2000 号

テーブルセッティングはこんな感じでした。なぜか日本人だとわかっていたらしく、最初からテーブルに日本語のメニューが用意されていました。

テーブルセッティング

Web Site にはクルーズは英語で行われると書いてあるのですが、日本人のウエイトレスも乗っていて、注文などは日本語で可能でした。

明るい日本人ウエイトレス

ディナー開始を待つマスザワさんと奥村
ディナー開始を待つマスザワさんと奥村

ほぼ予定通り 19:30 頃キングストリートワーフ King Street Wharf を出航します。ハーバーブリッジへ差し掛かる直前ぐらいで日没となりました。今日は天気がそこそこ良かったので、綺麗な夕日が見れました。

日没

このクルーズは、前菜、メイン、デザートからそれぞれ 1 品を選択できるコース料理がついています。私が選んだのは、以下の 3 品です。

前菜: 太平洋生がき、タスマニア産サーモン、エビとウォルドフサラダ
太平洋生がき、タスマニア産サーモン、エビとウォルドフサラダ

メイン: 香豊かな鴨のコンフィ
ワイルドベリー・ソースとマッシュ・クメラ、バクチョイ菜といっしょに
鴨のコンフィ

デザート: チョコレート・ブルレー・タルトとライムババロア
チョコレート・ブルレー・タルト

ちなみに他の人が選んだメインはこんな感じです。

タスマニア産サーモン
ローストしたポテトとアスパラガスといっしょにシトラス風味のホランデイズ・ソースで
タスマニア産サーモン

アイフィレステーキのグリル
フランスのドフィーネ地方風に重ねたポテトといっしょに
アイフィレステーキのグリル

ハーバーブリッジをくぐり、サーキュラーキーの前を通って、さらにダブルベイ、ローズベイの方向へ進みます。日没直後の赤い空に、灯りが入りはじめたシドニーのスカイラインが映えます。

夕暮れに浮かぶシドニーのスカイライン

クルーズは 21:30 にサーキュラーキーに入港するまで 2 時間程度あります。この時間設定は食事にかかる時間を考えてのことだと思いますが、コースはタスマニア海へ出るわけではなく、ローズベイ前あたりで折り返してくるので、ものすご〜くゆっくり走っているにも関わらず、20:30 ぐらいになると、サーキュラーキーの前へ戻ってきてしまいます。
その後は、サーキュラーキーの前を往復しながら、ハーバーブリッジを 4 回くぐりながら、景色のいいところで時間をつぶしてくれます。この頃には食事も終わったので、船の後ろにある階段から最上部のデッキへ出て景色を楽しみました。

船から見るハーバーブリッジとオペラハウスの夜景
船から見るハーバーブリッジとオペラハウスの夜景

シドニー組 2 人とマスザワさん
シドニー組 2 人とマスザワさん

シドニー組 2 人と奥村。顔がはっきりしていないのは
画像処理したのではなく、手ブレです...
シドニー組 2 人と奥村

[おまけ]

今日 2006/11/28(火) 出勤途中に、飛行機を背負った人を見かけました。シドニーはステキな街です。

飛行機を背負った人

posted by Okumura at 23:32 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハーバーブリッジとオペラハウスの夜景が
きれいですね。
それにメインデッシュの鴨が美味しそう。
マッキー
Posted by マッキー at 2007年06月04日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック