2010年11月20日

潤水都市さがみはらフェスタ

2010/11/20(土) は、潤水都市さがみはらフェスタに行ってきました。

駐車場がないので JR 横浜線相模原駅から歩いて向かいます。会場は普段は立ち入ることができない、米軍相模原補給敞です。有刺鉄線の張り巡らされた塀に囲まれた米軍相模原補給敞は、お祭りの会場としては似つかわしくない感じですが、来年だか再来年だかに一部返還される予定で、返還予定となっている、現在は空地となっている部分が会場でした。米軍も来年とか再来年とか言ってないで、空地にしてて使ってないならすぐ返せばいいのにと思うのですが...

米軍相模原補給敞の入口
米軍相模原補給敞の入口

会場となった米軍相模原補給敞は、軍の施設なので、立入禁止の区域などもあります。英文と日本語が併記された看板がものものしい感じです。

立入禁止の看板
立入禁止の看板

会場内の電柱には緊急通報専用電話機の入った箱があります。書いてある番号は 110 でも 119 でもなく、アメリカの緊急通報番号である 911 です。

緊急通報用電話機の番号は 911
緊急通報用電話機の番号は 911

今回のフェスタのメインイベントは創作ラーメンコンテスト「さがみはらぁ麺」です。

妻の事前調査では KAZE という店がよいらしいです。私は現地で会場入口に並んでいた看板を見てラーメンかるあのクリーミーカレーラーメンを食べたいと思っていました。会場に近付くと KAZE の屋台は大行列です。一方ラーメンかるあは 2、3 人しか並んでいません。KAZE に並ぶ前にこちらを食べてしまおうということになり、クリーミーカレーラーメンをまず食べました。

ラーメンかるあのクリーミーカレーラーメン
ラーメンかるあのクリーミーカレーラーメン

時間を節約するため KAZE の列に並んで食べます。ところがこの列が全く進みません。クリーミーカレーラーメンを食べ終わっても、まだまだ 1 割も進んでいない状態です。隣の JN ファミリー相模国伝説のラーメンの列は、入口の呼び子さんが「並んでいるように見えますが、思ったより早いです。うちの店の列は進みます」と言っているのが全く嘘ではなく、KAZE の列の 10 倍ぐらい早く進んでいきます。

KAZE の隣の JN ファミリー相模国伝説のラーメンの屋台
KAZE の隣の JN ファミリー相模国伝説のラーメンの屋台

しばらくそのまま並んでいたのですが、妻と分業で別の列に並ぶことにして、私は KAZE の列に残って、妻がJN ファミリー相模国伝説のラーメンの列へ行きました。KAZE の列が 10 人分ぐらいも進んだかな、というぐらいの間に、妻はてるてら〜めんを入手して戻ってきました。早い!

JN ファミリー相模国伝説のラーメンのてるてら〜めん
JN ファミリー相模国伝説のラーメンのてるてら〜めん

てるてら〜めんはチャーシューや煮玉子が入ったけっこう豪華なとんこつラーメンで、なかなかおいしかったです。

その後も KAZE の列は全然進まないので、妻はまた別の列に並びに行きました。九州ラーメン中華酒菜とんとんの味菜ら〜めんです。

九州ラーメン中華酒菜とんとんの味菜ら〜めん
九州ラーメン中華酒菜とんとんの味菜ら〜めん

これもなかなかいけます。でもてるてら〜めんの方が美味しいかな...

そして列に並ぶこと 1 時間 25 分、ようやく潮中華 KAZE の花らーめん (塩) を入手しました。KAZE は家族経営の店であるためか、テントにいる人は大人 2 人と、小学生ぐらいの子供 2 人です。麺を茹でたりスープを作ったりする作業はお父さんが 1 人でやっていて、男の子が麺の準備を、女の子が会計を、お母さんが具材を入れたりする作業を分担していましたが、実質的にお父さん 1 人で作っているようなもので、これでは遅いはずです。

潮中華 KAZE の花らーめん (塩)
潮中華 KAZE の花らーめん (塩)

KAZE の大行列で予想外に遅くなりましたが、JAXA の川口淳一郎教授の講演が 13:30 からあるのであわててステージへと移動しました。ステージはスケジュールよりかなり遅れていて、13:30 の時点では政治家がくだらない挨拶をしたりする開会記念セレモニーをやっていて、川口先生の講演開始に間に合いました。

セレモニーが終わると、会場の最前列から 5 列目ぐらいまでに座っていた、周辺市町村の首長さんたちや、市役所のお歴々などが退席していきました。後ろの方に座っていた人々はしばらく空席を呆然と見ていましたが、1 人が空いた席に座りに行くと、わっと、我先にと最前列の方へ移動していきました。しょうもないセレモニーなどどうでもいいけど、川口先生の話は近くで聞きたいという人が多かったのでしょう。面白い光景でした。
私はそのようにして前の方へ行ってしまった人が多くいたおかげで空いた席があったので、元いた席よりかなり近くへ行くことができました。

そんなこんなで予定より 30 分ほど遅れて川口先生の講演が始まりました。

JAXA の川口淳一郎教授
JAXA の川口淳一郎教授

知らない人はいないと思いますが、一応説明しておくと JAXA の川口淳一郎教授とは、小惑星探査技術実証試験衛星「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーだった方です。私は JAXA のイベントには色々行っていますが、川口先生の講演会はいつも人気で整理券制になっていたりして、これまで聞く機会がなく、これが初めてとなりました。宇宙探査に対して、非常な情熱を持って取り組んでいるのだということが伝わってくる、すばらしい講演でした。

講演の後会場をうろうろしていたら、来賓の方が休憩するテントがありました。政治家のみなさんはもう帰ってしまったらしく誰もいませんでしたが、川口先生は残っておられて、多くの人にサインを求められていました。私は一緒に写真を撮ってもらいました。

JAXA の川口淳一郎教授と記念写真
JAXA の川口淳一郎教授と記念写真


さらに会場を歩いていると、イベントステージの司会をしていた三条恵美さんに遭遇しました。写真を撮ってくださいとお願いすると、ごらんの通りノリノリで応じてくれました。

三条恵美さんと記念写真
三条恵美さんと記念写真

握手もしてもらいましたが、こちらよりも三条さんの方が喜んでくれて恐縮しました。

三条恵美さんと握手
三条恵美さんと握手

三条さんはテレビで見ているとものすごくプロポーションがいい、という印象はなかったのですが、実際に見るとすごくスリムです。テレビではプロポーションは実物より太って見えるのでしょうか? 逆に、テレビでプロポーションが良く見える役者やアイドルの人って、あれより細いということになると、実物は本当にガリガリというぐらい細いんでしょうね...

テント内の展示では南区、中央区、緑区がそれぞれのブースを出していたのですが、南区のブースにはアニメちっくな絵のキャラクター達がいました。「これって南区のキャラクターなんですか?」と係りの人に聞くと、「地域のキャラクターではなく、それぞれのイベントごとにキャラクターがいるんです」ということです。今回デビューで、今後は色々な機会で使っていくそうです。

相模原市南区の各イベントのキャラクター達
相模原市南区の各イベントのキャラクター達

テント内では JAXA の展示もありました。

こちらは科学のわからない政治家に予算縮減と言われ続けて苦戦するはやぶさ 2 の模型です。以前も見たことあるような気がするのですが、今回初公開と書いてあったので、初めてなのでしょう。

はやぶさ 2 模型
はやぶさ 2 模型

こちらは小惑星イトカワの砂のかけらを地球に持ち帰った現代科学のヒーロー、はやぶさの大気圏再突入カプセルです。私には、ヘロヘロだったはずの電力で大気圏再突入に耐える状態にフタを閉められたことが最大の驚きです。実物大模型カットモデルですが、目の前にすると本当に小さいです。こんな小さなものを正しく再突入軌道に乗せることができたということもまた驚きです。

はやぶさ大気圏再突入カプセル
はやぶさ大気圏再突入カプセル

日産の展示もありました。展示していたのは電気自動車のリーフです。エンジンルーム (と呼ぶのかどうか定かでありませんが...) を開けていたので、内部の写真を撮ってみました。普通のバッテリーが積んであるのが不思議ですが、日産の人に聞いたところ、エンジン駆動用のバッテリーとは別に、オーディオなどの電装のために従来と同じ規格のバッテリーも積まないと面倒なのだそうです。それでは通常のガソリン車ではエンジンで充電しているこのバッテリーは、車自体が電気で走っているのにどうやって充電するのか? という疑問が出て聞いて見ると、ソーラーパネルを積んでいてそれで充電しているのだとか... かなり意外でした。

日産の電気自動車リーフのエンジンルーム
日産の電気自動車リーフのエンジンルーム

こちらは消防署の展示です。このはしご車を含めて 3 台の消防車と、さらに救急車も 1 台展示されていました。

はしご車のはしご操作席に座る奥村
はしご車のはしご操作席に座る奥村

こちらはミニ鉄道コーナーです。もう少し早い時間だとライブスチームの SL が走っていたそうなのですが、後片付けに時間がかかる SL は既に片付けに入っていて、私が行った時には EL (電気機関車) にかわっていました。

ミニ鉄道コーナー
ミニ鉄道コーナー

もちろん乗ります。100 円でした。

ミニ鉄道乗車中
ミニ鉄道乗車中

乗車中に手を伸ばして、走行中の台車を撮ってみました。なかなか迫力のある絵になりました。

乗車中に撮影した走行中の台車
乗車中に撮影した走行中の台車

片付け中のライブスチームを見せてもらいました。石炭投入口の上が車のスロットルにあたるもので、その左のメーターが蒸気圧力計、左下にあるレバーのようなものがギヤにあたるもの (たぶん逆転機のこと) だそうです。石炭をたくと煙管がだんだん詰まっていくそうで、圧力が一定以上出せなくなると、その日はおしまいで、煙管を清掃する必要があるのだそうです。小さいだけに大変そうです。

ライブスチームのキャブ
ライブスチームのキャブ

米軍の展示もありました。迷彩服を着て写真を撮ってもらえるコーナーなどもあったのですが、面白かったのはこちらの軍用携行食のコーナーです。

軍用携行食のコーナー
軍用携行食のコーナー

軍用携行食が色々展示されているのですが、そこに書いてある注意書きがこれです。

軍用携行食のコーナーの注意書き「食べないでください」
軍用携行食のコーナーの注意書き「食べないでください」

言われなくても食べないと思うのですが、米軍の人は日本人は食べると思ったのでしょうか。

妻は後半はあまり楽しめなかったと思いますが、ラーメンコンテストは楽しんでいたと思います。

このイベント自体は今回が初回で、継続してやるかどうか全く決まっていませんが、今年と同じ内容だと来年は集客がつらそうです。ラーメンコンテストは、お客さんが最後まで途切れないことがコンテストが公正に成立する重要な条件だと思うのですが、今回は 14:00 ぐらいにはほとんどの観客はラーメンはすでに十分食べた、という感じで、上記のような店側の理由でいつまで経っても列が短くならない KAZE のような店以外は新しく来るお客さんがいなくて苦労していました。報道によると翌日 2010/11/21(日) は、我々が行った 2010/11/20(土) の約倍、14 万人が来たということなので、それぐらいくればラーメン店は終盤まで新しいお客さんを得ることができていたかも知れません。
ラーメンコンテストは、我々はすべての丼を JN ファミリー相模国伝説のラーメンのてるてら〜めんに投票してきました。このラーメンは 2 位になったそうです。投票したラーメン以外も美味しかったので、それぞれの店にはまた行って見たいと思います。
posted by Okumura at 23:37 | 神奈川 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

渋谷区文化総合センター大和田内覧会

勤務先オフィスのすぐ近くに以前あった大和田小学校の跡地に、渋谷区文化総合センター大和田という施設がオープンするのを間近に控え、2010/11/13(土)、11/14(日) に内覧会が開かれました。そのうち 2010/11/14(日) に見に行って来ました。

渋谷に到着してまずはランチです。渋谷区文化総合センター大和田の 1F にもベルマーレ・カフェというレストランが入居しているのですが、ベルマーレ・カフェは渋谷区文化総合センター大和田全体のオープンに先駆けてオープンしていたため、既に行ったことがありました。そこで最近オープンして行ったことがなかった、ほっとデリ日本経済大学渋谷キャンパス店に行ってみました。

ほっとデリ日本経済大学渋谷キャンパス店
ほっとデリ日本経済大学渋谷キャンパス店

個別メニューもあるのですが、売りは 390 円で 1 回限り盛り放題 (ただし容器のふたが閉まる範囲) のビュッフェです。500 円だとドリンクが付きます。ドリンクには通常 150 円の 500ML PET ボトル飲料も含むのでかなりお買い得です。妻とそれぞれに料理を取って、道路に面したテラスで食べました。

ほっとデリのテラスで昼食
ほっとデリのテラスで昼食

昼食を済ませて内覧会へ向かいます。こちらが内覧会の案内図です。

渋谷区文化総合センター大和田内覧会会場案内図
渋谷区文化総合センター大和田内覧会会場案内図

この場所には元々大和田小学校が建っていたということから、案内表示などは黒板にチョークで書いたようなイメージが多用されています。トイレのサインなどもかわいいです。

かわいいトイレのサイン
かわいいトイレのサイン

4F には、さくらホールというコンサートホールがあります。

さくらホール自体は、こじんまりとしたホールで、とてもいい感じのホールです。コンサートホールは大きすぎるところが多いと感じていたので、こういうサイズのホールが渋谷駅から 5 分ほどのところに出来たのはいいことなのではないでしょうか。

さくらホール
さくらホール

この日のさくらホールでは、14:00 から広瀬悦子さん (バイオリン) と、田中麗子さん (ピアノ) による無料でコンサートが開かれていました。お二人とも音楽大学で教授をされていた経歴の持ち主で、そういった方の演奏を評価するほどの音楽の素養を私が持ち合わせているわけではないので、色々割り引いて読んでもらった方がよいと思いますが、私の聞いた印象では、ピアノはよい演奏だったと思いますが、バイオリンはなんとも不思議な演奏でした。

さくらホールのコンサートを前半で切り上げ、他の内覧会展示を見てまわります。エレベータが混雑していたので階段でさくらホールのある 4F から上の階へ移動しようとしたら、なぜか 5 階がありませんでした。

なぜか 5 階の表示がない階段の階数表示
なぜか 5 階の表示がない階段の階数表示

6F には伝承ホールというホールがあります。さくらホールよりさらにこじんまりとしたホールです。花道がある日本式の構造の小屋です。中央には座席がありますが、左右の壁際の席は畳席です。落語などの演芸をかけるのによさそうなホールです。

伝承ホール
伝承ホール

畳席部分のカベには、折りたたみ椅子が埋め込まれていました。

伝承ホール壁際の席
伝承ホール壁際の席

本日のメインイベントは上述のコンサートなのですが、私としてのメインイベントはコスモプラネタリウムの内覧会でした。コスモプラネタリウム渋谷は 12F にあります。

コスモプラネタリウム渋谷
コスモプラネタリウム渋谷

この施設にプラネタリウムが設置されたのは、かつて渋谷駅前にあった五島プラネタリウムが閉鎖された時に存続を希望する声がけっこうあったことに由来するものと思います。しかしこのプラネタリウムは予想していたよりも良くありませんでした。床がほぼ平らなのはそれもありだと思うのですが、絶対的な大きさが小さすぎます。ミノルタの投影機は新しいものだと思うのですが、解像度がそれほど高くは見えませんでした。6 分間の HAYABUSA 予告編が上映されました。予告編なので当然ですが「え、これで終わり?」という内容で、それはそれで衝撃を受けました。

3F のロビーには、上述の五島プラネタリウムで実際に使用されていた、カールツァイス IV 型プラネタリウム投影機が展示されています。

カールツァイス IV 型プラネタリウム投影機前で記念撮影
カールツァイス IV 型プラネタリウム投影機前で記念撮影

3F のメイン施設は子供科学センターハチラボです。小学校の理科教室のような感じです。色々なイベントが行われるようです。興味深いイベントもあるのですが、主に子供向けなので参加できるイベントは限定されてしまいそうです。

子供科学センターハチラボ
子供科学センターハチラボ

2F には、こもれび大和田図書館という区立の図書館が設置されました。勤務先の近所には図書館がなかったので、出来たことは喜ばしいのですが、実は今週末でオフィスが港区に引っ越してしまうため、せっかくできたこの図書館ですが、使うことはできなさそうです。

こもれび大和田図書館 (3F から撮影)
こもれび大和田図書館 (3F から撮影)
posted by Okumura at 23:33 | 神奈川 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ネイチャーランド・オムでバーベキュー

2010/11/13(土)、山梨県道志村にあるネイチャーランド・オムへ行って、デイキャンプ (バーベキュー) をしてきました。

ネイチャーランド・オム・キャンプ場
ネイチャーランド・オム・キャンプ場

道志道から入っていくところが少しわかりにく、最初 1 つ手前の細い道に入ってしまったりしてちょっと迷いましたが、入っていくと受付の場所はすぐにわかりました。古い農家というか、古民家そのものといった風情の建物です。

受付の建物
受付の建物

玄関を入ると、中もまさに古民家資料館で見るような土間があり、そこでキャンプ場の人に入場料などを払い、鉄板や火はさみを借りたり、炭、薪などを買ったりしました。

受付からキャンプ場までは少し離れています。キャンプサイトまで車で入っていけるオートキャンプ場なので、自分の車で移動します。途中までは一般公道であるらしく、他のキャンプ場の入口があったりしてちょっとわかりにくいのですが、受け付けで教えてもらったように途中で左に分岐があって、その分岐から先がネイチャーランド・オムのキャンプ場敷地でした。

キャンプ場の人が勧めてくれた場所まで入って行き、ビッキーを停めてバーベキューの準備をします。

キャンプサイトのビッキー Jr.
キャンプサイトのビッキー Jr.

車を停めた場所の周囲には紅葉した木もたくさんあって綺麗でした。

紅葉
紅葉

キャンプサイト近くには水場もありました。地面にコンクリートが打たれているのでぐちょぐちょになっていないし、屋根もかかっていて、使いやすい水場です。

水場
水場

荷物を降ろして、シートを敷いたり、コンロを組み立てたりして準備します。

また、このキャンプ場は、あちこちに U 字溝で使われるコンクリートの部品が放置されています。受付で説明を受けたのですが、これをカマドとして使います。近くにあった U 字溝を、平らな場所まで移動して、炭を少し入れて、受付で火付け用にもらった葉っぱや小枝、割り箸などを使って火を起こします。

U 字溝カマドの火起こし中
U 字溝カマドの火起こし中

U 字溝カマドの火起こしに成功したので、キャンプ場で借りた鉄板を使って妻が調理を開始です。

鉄板で調理する妻
鉄板で調理する妻

U 字溝から火の付いた炭を 2、3 個移動して、バーベキューコンロの炭も火起こしをします。

バーベキューコンロ火起こし中
バーベキューコンロ火起こし中

バーベキューコンロの方では肉を焼きます。

焼肉
焼肉

U 字溝コンロでは野菜類を焼いた後、締めの焼きそばを調理しました。

焼きそば
焼きそば

U 字溝カマド、バーベキューコンロともちゃんと火を起こすことができました。火起こしを私が担当したので、調理は妻にほとんどまかせて、私は消えてしまわないように炭や薪を適当に足したり、風を送ったりして火守をしながらの食事です。

火守中
火守中

U 字溝カマドは、最初なかなか火勢が強くならなかったのですが、途中から非常にいい感じに火が回って火力は強すぎるぐらいにまでなり、食材によっては少しこげてしまうぐらいになりました。こちらは思ったよりいい感じにできました。

バーベキューコンロの方はあまり火力を強くできないまま、肉を焼き始めてしまったのですが、すべて食べ終わろうか、とうぐらいの時間になって火力が最大になってしまいました。

バーベキューコンロ側の火起こしに時間がかかって肉の焼き上がりが遅くなったので、本来締めのつもりだった焼きそばは、食事の中盤に登場することになってしまったりしました。

上手な人はサッと火起こしをして調理開始できるのだと思いますが、初心者の我々にはそこが難しいところです。それでも美しい景色の中でバーベキューをするのはとても楽しく、焼きあがった野菜やお肉も、若干焦げていたりしますが、美味しく食べることができました。

こんな景色の中でバーベキューをしてきました
こんな景色の中でバーベキューをしてきました

食事の後はコーヒーです。秘密兵器の G'Z G ストーブ STG-10 ポータブルストーブを使ってお湯を沸かします。

このストーブは、2 つの特長があります。

1 つは、ホームセンターなどで入手しやすいカセットコンロ用のプロパンガスボンベを使えるという点です。
もう 1 つは、収納状態が四角いということです。ポータブルストーブは色々なメーカーから出ていますが、どれも収納しても、丸かったり、出っ張りがあったり、カバンなどに入れようにも収まりの悪い形をしています。それに比べてこのストーブは、収納状態ではちょっと大き目の電子辞書ぐらいの大きさ、形をしていて、変な突起物もないので、カバンの片隅に入れておいたりするのに非常に便利な形状をしています。

G'Z G ストーブ STG-10
G'Z G ストーブ STG-10

外のボックスはコンロの受け皿の役割も果たします。ボックスを開けるロックの金具は、受け皿の足そのものです。

ロックを外してオープン
ロックを外してオープン

開けるとコンロ部が入っています。下の写真で赤いボタンのようなものは着火器です。その下に棒のようなものが伸びていますが、これは火力を調整するノブです。上の写真と比べればわかるように、折りたためる構造となっています。

中に収まっていたコンロ部
中に収まっていたコンロ部

ボックスは 90 度ぐらいまで開くようになっています。片側の端にはコンロ部がうまく収まる切り欠きと、パチンとはめられるようになったバネがついています。その部分に押し込むようにしてコンロ部をセットします。

開いたボックスにコンロ部をセット
開いたボックスにコンロ部をセット

遮熱板を立てます。コンロの火がつく部分が出てきます。

遮熱版を立てます
遮熱版を立てます

携帯ケースのポケットに入っているゴトクをセットします。

ゴトクをセットします
ゴトクをセットします

火力調整ノブを水道の蛇口を閉めるのと同じ方向まで一杯にまわしてから、コンロ部のボンベ接続部に、カセットボンベを押し込み、90 度まわして固定してセットします。

カセットガスボンベをセットします
カセットガスボンベをセットします

これで完成です。火力調整ノブを少しまわすと、コンロ部から「シュー」という音とともにガスが出てきます。この状態で赤いボタンを押すと火花が飛んで着火します。ゴトクの上にコッヘルを乗せてお湯を沸かします。

湯沸し中
湯沸し中

一方、コーヒーを淹れるのに必要なドリッパーですが、ツーリング用品として売られている、小さく畳めるバネのような構造のドリッパーを持っていきました。

バネにしか見えないコーヒードリッパー
バネにしか見えないコーヒードリッパー

ペーパーフィルターをセットしてコーヒー豆を入れます。

ペーパーフィルターをセットしてコーヒー豆を入れる
ペーパーフィルターをセットしてコーヒー豆を入れる

お湯を注げばコーヒーの出来上がりです。

コーヒーを淹れています
コーヒーを淹れています

コーヒーはいつも牛乳を大量に入れて飲む私のために妻が牛乳も持ってきてくれていました。さらにデザートにミルフィーユも用意されていました。至れり尽くせりです。

コーヒーとデザート
コーヒーとデザート

こんな感じで自然の中での食事を楽しんだ我々は、片づけをした後、キャンプ場の中を散策してみました。

このキャンプ場は、テント持込でのキャンプも可能ですが、キャビンを借りることも可能です。下の写真はそのようなキャビンの 1 つで、憧れのツリーハウスになています。

ツリーハウス
ツリーハウス

紅葉の中散歩しました。気持ちがよいです。

散歩中
散歩中

散歩中に見た紅葉
散歩中に見た紅葉

散歩中に見た紅葉

寒くなってきて今年のキャンプシーズンは終わりかなという感じもしますが、楽しかったので、もう 1 回ぐらい行きたいなと感じるデイキャンプでした。

posted by Okumura at 23:37 | 神奈川 | Comment(6) | TrackBack(0) | 公園散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする