2010年09月10日

結婚 5 周年ディナー at レガート渋谷 Legato Shibuya

結婚記念日のディナーは例年結婚記念日に近い週末に、結婚式会場である横浜うかい亭に行っていたのですが、今年は今週末稲刈りであることや、横浜うかい亭には別の日程で行こうという計画があることなどもあって、他のレストランへ行くことにしました。

私の勤務先が渋谷にあるので、結婚記念日当日の 2010/09/10(金) に、妻に渋谷まで出てきてもらってそこで何か食べようということに決まり、レガート Legato という店を予約しました。

この店は夜景が売りのひとつなので、電話で予約した時になるべく窓側の席で、とお願いしてみたのですが、電話した時には窓側の席は予約で埋まっているという話でした。しかし当日行ってみると、ちゃんと窓側の席が準備されていました。東京タワーなどメジャーな建物が見えない方向ですが、きれいな夜景が見える席でした。

席からの夜景
席からの夜景

夜景と奥村
夜景と奥村

夜景と妻
夜景と妻

席についてメニューを見ると、なんと名前が印刷されていました。店の人に聞いてみると、予約した場合には、メニューに名前を印刷して待っていてくれるのだそうです。このメニューは我々が席に案内される前から置いてあったので、まさにこの席は我々のために用意されていたという証拠でもあります。

注文をしてからワクワクしながら料理を待ちます。注文したのは 9 月のコースと Lovely コースです。

食事を待つ妻
食事を待つ妻

食事を待つ奥村
食事を待つ奥村

我々は 2 人ともお酒を飲まないので、飲み物はスパークリングウオーターと、オレンジジュースです。スパークリングウオーターはボトルの栓を目の前で開けてくれました。スパークリングウオーターは栓を開けてから時間が経っていると気が抜けてしまっていることもあるので、「あなた方の前で開けましたよ」と示す意味があるのだと思います。

スパークリングウオーターと、普通の水
スパークリングウオーターと、普通の水

前菜は何かフルーツのジュレのようなものです。すっぱくて爽やかな感じです。決してまずいわけではないのですが、すっぱいものが苦手な私にはちょっと難しい味でした。

前菜とオレンジジュース
前菜とオレンジジュース

パンは、ちゃんと温かい状態でサーブされ、おいしかったです。食べきると、おかわりを持ってきてくれました。

パン
パン

9 月のコースのマグロのカルパッチョには、なんとアイスクリームが付け合せに乗ってます。ガラムが使われていてクセがあるので、それをやわらげるためなのだそうです。

マグロのカルパッチョ
マグロのカルパッチョ

こちらは Lovely コースの鯛のカルパッチョです。

鯛のカルパッチョ
鯛のカルパッチョ

9 月コースのパスタ。食べる前は鹿肉なのでクセがあるだろうと予想していたのですが、全然そんなことはなくておいしかったです。

鹿肉のパスタ
鹿肉のパスタ

Lovely コースのシーザーサラダを持ってきてくれた時、「胡椒をかけますか?」とやってきた店員さんが持ってきた胡椒挽きがこれです。軽く 1m を超える巨大サイズです。ここまで大きいと、ある意味アトラクションのような要素があります。

巨大胡椒挽き
巨大胡椒挽き

シーザーサラダ
シーザーサラダ

Lovely コースのメインは肉系、魚系が選べますが、今回選んだのは魚、サーモンソテーです。

サーモンソテー
サーモンソテー

9 月のコースの魚料理もソテーなのですが、何の魚だったか忘れてしまいました。表面にアラレのようなものがついていてカリカリして、しっとり焼けた魚の身との対比が面白い食感でした。

白身魚のソテー
白身魚のソテー

9 月コースの肉料理は 1,000 円追加で 55 日熟成ステーキを選べます。熟成がどのぐらいいいものなのかとか、55 日がどのようにいいのかとか、全然わかっていませんが、それを選んでみました。味オンチの私でも、このステーキが美味しかったことはよくわかりました。

55 日熟成牛サーロインステーキ
55 日熟成牛サーロインステーキ

9 月のコースのデザートは、なんとブドウのスープです。こういうデザートは初めて食べました。おいしかったです。

ブドウのスープ
ブドウのスープ

Lovely コースのデザートはほうじ茶のアイスクリームです。

ほうじ茶のアイスクリーム
ほうじ茶のアイスクリーム

最後にコーヒーか紅茶が付きます。妻はこのような場合紅茶を選ぶことが多いのですが、この日は珍しく妻もコーヒーを選んでいました。

コーヒー
コーヒー

このレガート Legato というレストランは内装はなかなかユニークですが、トイレだけはなんとも平凡なつくりでした。その平凡なトイレの中、カランだけがユニークさを主張しています。アンティーク調のスタイルです。蛇口のひねる部分がずいぶん高い位置についているため最初目に入らず、ひねる部分がないから自動水栓だと思って手を差し出して 10 秒ほど待つ、という間抜けなことをしてしまいました。

トイレのカラン
トイレのカラン

最後に店員さんにお願いして、席とは別方向、東京タワーの見える方向の窓を背景に写真を撮ってもらいました。この時の東京タワーは普段と違う青い光になっていました。妻と私の中間に、東京タワーが写っているのがわかるでしょうか?

奥村と妻と東京タワー
奥村と妻と東京タワー

ということで我々の結婚生活は 6 年目に突入しました。
posted by Okumura at 23:42 | 神奈川 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする