2010年08月29日

横須賀美術館映画「赤い風船」野外上映イベント

# 2010/08/29(日) の話の続きです。

横須賀にある築地 銀平鮨へ行った日、主目的はお寿司を食べることではなく、横須賀美術館で行われた映画の屋外上映イベントを見に行くことでした。

横須賀美術館は海の見えるとてもいいロケーションにある美術館です。2007 年にできたばかりの美術館でとても綺麗で、レイアウトなども現代的です。建物の前には広い芝生の庭があり、そこに仮設のスクリーンを立てて映画が上映されます。

到着したのはまだ明るい時間だったので、美術館を見学しました。建物内の各所にある案内表示が、美術館らしくておしゃれです。

トイレの案内表示
トイレの案内表示

階段の案内表示
階段の案内表示

展示は、企画展、常設展のどちらももうひとつな感じでした。展示の中には作品が楽器のようになっているものがあったのですが、それらの一連の作品のうちの 1 つだけは屋外に設置されています。屋外に設置されたものも含めて、それらの作品の近くにはバチが用意されていて、実際に演奏して楽しむことができるようになっています。

屋外に設定された楽器になっている作品で遊ぶ奥村
屋外に設定された楽器になっている作品で遊ぶ奥村

この美術館は展示室の撮影は許可されています。国立博物館などと同じ方向性でそのこと自体は素晴らしいことだと思うのですが、なぜか、作品の撮影は許可されていません。これはちょっと意味がわかりません。展示室内で作品を撮影しないように写真を撮るのはとても困難で、どうしても写ってしまうと思うのですが... 撮られると困るような作品があるということは、作品の物理的な保護という意味ではわかるのですが、この美術館で展示されていた作品にはそういったものはありませんでした。権利的な意味でも、目録にあるようなスタジオで撮影したり、人払いをして撮影したりしたものに、素人がさまざまな悪条件下で撮った写真がかなうはずがなくて、撮影を禁止する意味はよくわかりません。絵画は近接撮影されると素人でもコピーに近いものが撮れてしまう問題があるということはまだ理解できますが、立体作品や、「自由にさわって演奏してください」とされている作品も区別されることなく撮影禁止です。逆に、展示室外の作品が撮影禁止でないのは何故なのでしょう...

芝生広場には、V 字谷のような地形になったところに鉄板を敷き詰めたようになっている部分があります。何を表現しているのかわたしにはよくわかりませんでしたが、これ自体も「ヴァリーズ」という名前の美術作品であるようです。

ヴァリーズ (鉄板敷き詰め V 字谷)
ヴァリーズ (鉄板敷き詰め V 字谷)

こちらも芝生広場にあるハエのオブジェです。

ハエのオブジェ
ハエのオブジェ

展示を見終えてから、屋上に行ってみました。屋上へ出るエレベーターを降りたエレベーターホールには双眼鏡と、もう一つなぞの機械が設置されていました。何かと思って除いてみると、万華鏡でした。窓の外、海の方向をのぞくような感じで設置されていたので、外の景色と関連するようなものかと思ったのですが、普通の万華鏡です。

万華鏡
万華鏡

この美術館の屋上は恋人の聖地の 1 つに選定されています。そのプレートがありました。

恋人の聖地のプレート
恋人の聖地のプレート

美術館は傾斜地に建っていて、屋上はそのまま奥の方の地面につながっていて、その部分は芝生の広場になっています。

屋上から続く芝生広場
屋上から続く芝生広場

逆に海側を見ると、美術館の屋根の上にあるガラスのパッチワークのようなオブジェ越しに海が見えます。このガラスのパッチワークは、横須賀美術館の web site の写真などを見ると、美術館の建物の屋根のように見えますが、実際には屋根から 2、3m 高い位置に設置されていて、屋根ではありません。

美術館屋上からの海の眺め
美術館屋上からの海の眺め

さらにそのまま三軒家園地という公園へ続く遊歩道につながっています。時間があったのでその遊歩道も歩いて三軒家園地へも行ってみました。三軒家園地にはカッパのオブジェがあったので、仲良く記念撮影してきました。

カッパと握手する奥村
カッパと握手する奥村

カッパの姿勢を真似する妻
カッパの姿勢を真似する妻

三軒家園地は横須賀美術館より少し標高が高いので、海の眺めがいいです。ただ、園地と海の間に木々が茂りすぎていて見通しがいまいちでした。

三軒家園地からの海の眺め
三軒家園地からの海の眺め

この日は野外上映イベントのためだと思いますが、野菜ソムリエのスープ屋さん・くるみ kurumiハイジピッツェリア heidi pizzeria という、簡単な食べ物を売る屋台が 2 台出ていました。

野菜ソムリエのスープ屋さん・くるみ kurumi
野菜ソムリエのスープ屋さん・くるみ kurumi

ハイジピッツェリア heidi pizzeria
ハイジピッツェリア heidi pizzeria

映画まではまだまだ時間があります。屋台で食べてもよかったのですが、映画の時間までとっておこうと思ったことと、お寿司がまだお腹に残っている感じだったので、美術館併設のレストラン、アクアマーレのテラス席で、お茶を飲むことにしました。

アクアマーレのテラス席でお茶 (とケーキ...)
アクアマーレのテラス席でお茶 (とケーキ...)

気候もよくケーキもおいしくてよい気分です。お茶を飲みながらかなりのんびりしたのですが、それでもまだ日没になりません。

さらに時間が余っていたので、美術館の近くを散歩してみました。

横須賀美術館のすぐ前は海です。観音崎ボードウォークという遊歩道があるので歩いてみました。

観音崎ボードウォーク
201010CIMG6358

横須賀美術館にあった地図で近くに走水神社という神社があるのを見つけていたので、ボードウォークの先をさらに進んで行ってみました。階段がけっこう急角度できつかったです。神社には不釣合いなほど現代的なデフォルメされたかわいいカッパの置物がお社に置かれていたのにびっくりしました。ここに祭られている二柱の神様のうちの一柱が水神様であるので、カッパが神社や、この地域全体のマスコット的な役割を果たしているようです。三軒家園地にカッパのオブジェがあったのもそういうわけなのでしょう。

走水神社
走水神社

神社から横須賀美術館へ戻ると、芝生広場に設置されたスクリーンの前に、人々が集まりはじめていました。

芝生広場のスクリーン前に集まる人々
芝生広場のスクリーン前に集まる人々

我々も持ってきたレジャーシートを広げて映画が始まるまでしばしくつろぎます。空が青空から夕焼け、そして暗い青から、さらに暗闇へ、刻々と変わっていく様がとても綺麗でした。

夕焼け空
夕焼け空

夕焼け空

空に残るうっすらとした明かりがほとんどなくなり、一番星から三番星ぐらいまで見つけた頃、イベントがスタートしました。主催者や美術館による説明があった後、映画の上映です。

映画「赤い風船」上映中
映画「赤い風船」上映中

この先、映画「赤い風船」のネタバレとなる内容があるので注意してください。

マニアックな作品でネタバレになってもあまり問題ないと思うので書いてしまいますが、映画のタイトル通り、赤い風船が生き物のように少年との時間を過ごす様子を描いた、ちょっと SF チックな映画です。終盤で赤い風船がしぼんでいくとき、無機質であるはずの赤い風船に対して感情移入していたのか、とても悲しいと感じました。さらにその後、最後のシーンでは多くの風船と一緒に少年が飛んでいきます。これはおそらくハッピーエンドを表現しているのだと思いますが、私はとても不安になりました。
私は子どもの頃から、体一つで空を飛ぶ夢をよく見ます。その夢では、飛び上がってしまうと自分の意思では降りられなくなります。その時、高所恐怖症的な意味での怖さはないのですが、とても悲しいような不安なような気持ちになります。映画の最後のシーンで不安になったのは、その夢の事を思い出してしまったからです。

この日は屋外イベントにはちょうどよい気温で、雨にも降られませんでしたし、お昼のお寿司から、楽しく過ごせた 1 日でした。
posted by Okumura at 23:26 | 神奈川 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

築地 銀平鮨

私の夏期休暇ももうすぐ終わろうとしていた 2010/08/29(日)、横須賀市立博物館の野外映画イベントに行って来ました。

横須賀市立博物館へ行く前に、お昼ご飯を食べに馬堀海岸にある築地 銀平鮨というネタが大きいことで有名なお寿司屋さんへ行ってきました。

地図で見ると、馬堀海岸駅近くの線路沿いの細い道と、馬堀海岸駅からもう 1 本離れた、西友などが面している大きな道の間に建物があり、どちらに面して入口があるのかがわかりませんでした。最初大きい道側から行ってみましたが、それらしい店がありません。そこで一方通行になっている馬堀海岸駅近くの線路沿いの細い道へ入っていくと、そちらに店がありました。

駐車場は店より少し手前にあります。私はほとんど偶然、駐車場自体にあった小さな「銀平鮨駐車場」という看板に気付きましたが、ちゃんと見ていないと通り過ぎてしまうと思います。車で行って、通り過ぎて店を先に見つけると、その道は一方通行なので戻ってこれず、大きな道へ出て駅側へ戻ってまわってこないといけません。

築地 銀平鮨駐車場の場所
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E139.42.42.5N35.15.23.3&ZM=12

駐車場は 3 台分で、私が到着した時には 3 台停まっていたのですが、連れ同士なのでしょうか、縦に 2 台並べて停めている人がいたおかげで、自分の車を停めることができました。

築地 銀平鮨駐車場
築地 銀平鮨駐車場

そしてこちらがお店の外観です。普通の民家っぽくて、駐車場だけでなく、店の方もうっかりすると見過ごしてしまいそうです。

築地 銀平鮨
築地 銀平鮨

店内は 4 名が座れるカウンターと、小上りに 2 席のテーブルがあるだけで、かなり小さな店です。予約時に注文しておいた「銀平」という、にぎり 11 個のセットを食べました。

まぐろ赤身、中トロ
まぐろ赤身、中トロ

海老の味噌汁
海老の味噌汁

カンパチ
カンパチ

玉子
玉子

アジ
アジ

甘エビ
甘エビ

帆立 (左)、アオヤギ (右)
帆立 (左)、アオヤギ (右)

ウニ (奥)、イクラ (手前)
ウニ (奥)、イクラ (手前)

写真では大きさがわかりにくいのですが、最後の軍艦寿司 2 つは海苔の大きさが決まっているためか、他の店とほぼ同じ大きさです。お皿の大きさとの対比でマグロやカンパチのお寿司を見なおしてください。大きさがわかってもらえるでしょうか? シャリ自体はそれほど大きくないので、ネタでシャリをぐるりと巻いて、まだ余るぐらい大きなネタでした。

カウンターで食べたので、お店の人と少し話をしました。馬堀海岸の海近くにある店なので、地元のネタを使っているのかと思って、「これは地元で獲れるのですか?」と聞いてみたら「ちゃんと考えてみろ、そんなわけない」と返されてしまいました。東京湾などの地元のネタは全然よくないので、ネタは北海道、九州など、全国から良いものを探してくるのだそうです。マグロに関しては 1 本まるごと買って、よい部分だけを自分の店で出し、他の部分は買い手がついているので売ってしまうのだそうです。「なのでうちのマグロは一番いいところだけを使っていて、ウマい」と言っていました。
馬堀海岸にあるのに店名で築地と言っているのは、予想通りの答えでしたが、築地で修行したからだそうです。修行していた店は江戸銀別館というところで、その「銀」と、ご主人の名前の 1 文字の「平」をとって店名にしているそうです。江戸銀には本店、新館、別館があるそうですが、別館は他より高級な扱いだったらしく、ジョン・レノン John Lennon やオノ・ヨーコ Yoko Ono が来日した時など、色々有名な人に銀平のご主人がお寿司をにぎったりしたそうです。

事前に見ていた Blog などで 11 個のセット銀平でも食べきれないぐらいのボリュームという情報を得ていたのですが、実際に食べると、カウンターで 1 つずつ出てくるのを順次食べていたためか、あまりボリューム感を感じることなく食べきれました。

妻は非常に気に入ったようで、また横須賀へ行く機会があれば立ち寄ることがあるかも知れません。
posted by Okumura at 23:17 | 神奈川 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

サイクリング部活動

私の自転車はすべてリペアムゲル加工 (パンクしないようにチューブ内にゲル状のものを詰める加工) をしてあります。多少重くなりますが、実際に走るとそれほど気にならない一方、パンクの心配が一切なくなるのは大きなメリットです。そのことを紹介したら、会社のサイクリング部 (?) の人が乗りたいということだったので、リペアムゲル自転車試乗会ということで鶴間公園発着のショートツーリングを企画しました。

9:30 という休日の私としては画期的に早い集合時間に、鶴間公園に集合です。輪行で来た他のメンバーは南町田駅側の入口にいるということなのでハンディ・バイク Handy Bike に乗って迎えに行きました。駐車場に来てもらったところでロードレーサーを組み立て、ビンディングペダルを外して普通のペダルにして試乗してもらいました。

リペアムゲルロードレーサー試乗中
リペアムゲルロードレーサー試乗中

リペアムゲルロードレーサー試乗中

ついでに迎えに行った時に乗っていた Handy Bike にもみなさん興味をもたれて、試乗会となりました。この Handy Bike もリペアムゲル加工済です。

リペアムゲル Handy Bike 試乗中
リペアムゲル Handy Bike 試乗中

リペアムゲル Handy Bike 試乗中

不安定というのが一致した見解でしたが、君島さんの旦那さんの方はけっこう興味を示していたような感じがしました。きっと 8 インチの Handy Bike を買うでしょう。

その後、境川サイクリングロードを川下へ少し走りました。

境川サイクリングロード
境川サイクリングロード

サイクリングの後、サン・ポタマージュ St. Potamage でランチです。この店ではパンを食べたことはあったのですが、今回初めてレストランメニューのサンドイッチを食べました。

サン・ポタマージュ St. Potamage でランチ
サン・ポタマージュ St. Potamage でランチ

私が頼んだサンドイッチは海老とアボカドサンドイッチです。

海老アボカドサンドイッチ
海老アボカドサンドイッチ

サンドイッチは美味しくて、ボリュームもあり、なかなかよかったです。

食事後も少し 16 号を南へ走りました。東名高速道路の入口近くは町田立体交差の工事が行われていて、工事現場マニアとしてはダイナミックな光景が見れて楽しいです。

町田立体交差工事現場
町田立体交差工事現場

このあたりは開発が進んだ場所のように見えますが、国道 16 号からでも時々唐突にものすごい田舎のような風景が垣間見えます。

国道 16 号沿いの田舎っぽい風景
国道 16 号沿いの田舎っぽい風景

国道 16 号沿いの田舎っぽい風景

横浜総合卸センターにあって、気になっていた丼屋さん、丼藩ですが、どうも閉店してしまったようです。結局一度も行けませんでした。残念です。

閉店したっぽい丼藩
閉店したっぽい丼藩

他のメンバーは国道 246 号で帰宅していき、私だけで鶴間公園駐車場へ戻ってきました。この日は暑くて自転車をバラしていたら汗だくになってしまいました。

鶴間公園駐車場
鶴間公園駐車場

え〜、業務連絡です。これは七島計画には含みません。そろそろ秋なので、計画しないと行けませんね...
posted by Okumura at 21:50 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

世界最速フェリー・ナッチャン World

夏季休暇 2 日目、今回の旅の 2 つ目の目的である世界最速フェリー・ナッチャン Worldに乗っています。オーストラリアの Incat という造船会社が製造した船で、2008 年に、姉妹船のナッチャン Rera の好評を受けて増備された船ですが、同じ年のものすごい原油高によって走れば走るほど赤字になる状態になってしまい、デビュー同年の 2008 年に引退に追い込まれたという不幸な船です。現在別のフェリー会社が借り受けて、北海道の観光シーズンに合わせて夏季限定で運航されています。

この船は屋外に出れるのは船尾の小さなデッキだけです。出航時はデッキで様子を見ていたのですが、青森を出てしばらくは港内であるためか速度は控えめで、あまり面白くありませんでした。

青森を出たすぐの波の立ち方
青森を出たすぐの波の立ち方

客室に戻ってくつろいでいましたが、しばらくするとエンジンのうなりが明らかに高くなりました。あわててデッキに出てみると、エンジンによる波の立ち方が全然違う状態になっています。

フルパワーになってからの波の立ち方
フルパワーになってからの波の立ち方

船はとても大きいのに、乗っていると速さが明らかに実感できます。こんな速い速度は船では経験したことがありません。デッキが後方にしかない理由もわかりました。屋外に出れるデッキの中でも、後ろの方へ突き出した部分では風があたるのですが、最大速力になると、ものすごい強風です。36 ノット (時速 70km/h 弱) なので、当然です。これで普通の船のように船の上面や側面に屋外に出れるデッキがあると、物を飛ばされる人とか、もしかしたら強風で転倒する人も出るかも知れません。そのぐらい速いのです。

船の速さを伝えられるような写真を撮れないかとがんばったのですが、写真では無理でした。ビデオも撮ってみましたが、再生すると、普通の船にしか見えません。速力を体感するには、ぜひ青森まで来て乗ってみてください。来年も運航するかどうかは不透明ですが... ちなみに今 2010 年の運航も、6 月にようやく正式決定となったので、来 2011 年も夏がかなり近づくまで運航は正式には発表されないと思います。

売店に飲み物を買いに行ったら、なっちゃんを売っていたので買いました。

ナッチャンでなっちゃん
ナッチャンでなっちゃん

お昼を食べてなかったので、売店で弁当も買いました。ホタテ炙り串弁当 (840 円) です。

ホタテ炙り串弁当
ホタテ炙り串弁当

2 時間 45 分の乗船時間はあっという間で、函館に到着です。フェリーターミナルで、湯の川温泉の花火のポスターを見ました。うまく行けば函館山の上から見れそうな時間です。

フェリーターミナルから函館駅へ連絡バスで移動すると、ちょうど駅前から函館山山頂行きの登山バスが出発するところでした。荷物が多かったのですが、一度ホテルへ戻ると時間が遅くなりすぎると思い、そのまま乗車して函館山の山頂へ向かいます。バスを降りて展望台へ行くと、すでに花火大会は始まっていました。夏場のこの展望台はそうでなくてもものすごい人数の人なのだと思いますが、花火のために、前の方の人がなかなかどいていきません。手を伸ばして撮っていたりしたら、偶然前の方の人が大勢帰っていってくれたので、柵のところまで出ることができました。しかし、柵を三脚がわりに使って撮っても湯の川は遠いのでズームにする必要もあって、全然きれいに撮れませんでした。

函館山山頂から見た湯の川温泉の花火
函館山山頂から見た湯の川温泉の花火

函館は 1 泊だけで、明日もナッチャン World に乗って青森に戻ります。その後青森に 1 泊するのですが、青森で何を観光すべきか何も調べていないままなのでした...

帰宅したらもう少し詳細な記事を書く予定です。

# この記事のジャンルは「鉄道」にしてみました。
posted by Okumura at 23:45 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝台特急あけぼの

夏季休暇 1 日目は、2010/08/20(金) に仕事を終えてから、上野駅に向かい、そこから寝台特急あけぼの号に乗車です。

東北新幹線が青森まで開業すると、ほどなく消えてしまうと言われている列車です。

上野駅 13 番線にあけぼのが入ってきました。大勢の人があけぼの写真を撮っていました。

上野駅 13 番線に入ってきたあけぼのに群がる人々
上野駅 13 番線に入ってきたあけぼのに群がる人々

一番前まで行って編成写真も撮ってみました。

あけぼの編成写真
あけぼの編成写真

この日のあけぼの (下り) の列車編成です。

EF64 1053
カニ24 102
オハネフ25 201
スロネ24 553
オハネ24 554
オハネ24 552
オハネフ24 27
オハネ24 20
オハネ25 147
オハネフ24 25

上野を出発してしばらくしてベッドメイクをして、浴衣に着替えてくつろぎます。

浴衣でくつろぐ奥村
浴衣でくつろぐ奥村

食堂車もない、ロビーカーもない、シャワールームもない、ないないづくしの列車である上、電源がなくて電池が弱っているパソコンではインターネットにもアクセスできず、早い時間に寝てしまいました。

秋田県内走行中に目が覚め、窓の景色を楽しんでいると、青森到着です。なんだかあっと言う間のように感じました。

青森駅に停車中の寝台特急あけぼの
青森駅に停車中の寝台特急あけぼの

しばらくするとディーゼル機関車 DE10 (DE10 1536) がやってきて連結されました。

ディーゼル機関車 DE10 (DE10 1536)
ディーゼル機関車 DE10 (DE10 1536)

ほどなく、DE10 に引かれて、あけぼの号であった客車たちは静かに出線していきました。バイバイあけぼのちゃん。

出線するあけぼの
出線するあけぼの

帰宅したらもう少し詳しく書きます。
posted by Okumura at 22:50 | 神奈川 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする