2009年09月23日

アースデイマーケット

5 連休最後の日、2009/09/23(水・祝) は、東京朝市アースデイマーケット Earth Day Market という、農産物の朝市に行ってきました。

荷物が多くなる事を考慮して車で出かけました。渋滞は全くなく代々木公園に 09:40 頃到着しました。駐車場は半分弱程度しか埋まっておらず、余裕で停めることができました。この日は 12:15 頃にこの駐車場を出たのですが、出る時には 10 〜 20 台程度の入庫待ちの列が出来ていたので、車で行くなら早めに到着できるように出かけないといけません。我々は駐車場の状況はあまり理解していなかったのですが、アースデイマーケットが 10:00 開始なので、それに間に合うようにと思って早めに来たのがよかったようです。

駐車場からは整備された都市公園である代々木公園の中を歩いて、アースデイマーケット会場である NHK と代々木体育館の間のけやき並木を目指します。

代々木公園の林
代々木公園の林

会場には農産物を中心にテントがずらっと並んでいます。

東京朝市アースデイマーケット会場
東京朝市アースデイマーケット会場

これらのテントは、よく見ると骨組みが金属ではなく、竹で出来た特殊なテントでした。無農薬・低農薬野菜などの販売を中心とするこのイベントにふさわしいテントとして主催者が開発したもののようです。

テントの骨組みが竹製
テントの骨組みが竹製

会場に到着すると、妻はどんどん先へ進みながら色々な店を見たり、野菜を買ったりしていました。一通りのテントを見た後、朝食に弁当を買いました。買ったのは fast-slow food HARU という店のテントの弁当で、ベジタブル BOX と、豆腐とひじきのドライカレーです。

ベジタブル BOX
ベジタブル BOX

豆腐とひじきのドライカレー
豆腐とひじきのドライカレー

けやき並木のテントの列の裏側あたりで腰掛けられるところを見つけて食べました。

朝食を食べる奥村
朝食を食べる奥村

朝食を食べる妻
朝食を食べる妻

さらに、ビオファームまつきという店のテントで、その場で揚げたレッドムーンとキタムラサキのフレンチフライを売っていたのを購入しておやつとして食べました。

レッドムーンとキタムラサキのフレンチフライ
レッドムーンとキタムラサキのフレンチフライ

揚げたてでホクホクしていて美味しいです。

レッドムーンとキタムラサキのフレンチフライを食べる奥村
レッドムーンとキタムラサキのフレンチフライを食べる奥村

その後も、しばらく妻は野菜や卵などを買っていました。私は fast-slow food HARU のテントでお弁当を買う時に気になった、冷しぜんざいココナッツソース添えを買って食べました。

冷しぜんざい
冷しぜんざい

冷しぜんざいココナッツソース添えを食べる妻
冷しぜんざいココナッツソース添えを食べる妻

一通り買い物を終えて満足して会場を後にしました。駐車場へ戻る途中、日本航空發始之地の碑前で記念撮影をしてきました。

日本航空發始之地の碑前で記念撮影
日本航空發始之地の碑前で記念撮影

ポーズは一応飛行機のつもりです。

色々美味しい野菜が手に入り、天気もよくて、楽しい 1 日でした。
posted by Okumura at 23:43 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

那須ハイランドパークへ行くはずだった日

このページはサンポタマージュで検索すると上位にヒットするようで、サンポタマージュを検索語として訪問される方が多いようです。記事自体は東北道の渋滞と、皇居東御苑の話がメインで、違うページへ来てしまったかと感じると思いますが、サンポタマージュについても書いてます。ページの後半に記述があるので、スクロールダウンして見てください。
2009/09/21(月・祝) は、ガンダムワールド 2009 というイベントが開催されている那須ハイランドパークへ行くべく、09:00 前に家を出ました。

横浜町田から東名高速に乗り、港北 P.A. のドナテロウズ Donatello's のサンドイッチで朝食です。

ドナテロウズのサンドイッチ (ハムチーズ)
ドナテロウズのサンドイッチ (ハムチーズ)

ドナテロウズのサンドイッチ (タマゴサラダ)
ドナテロウズのサンドイッチ (タマゴサラダ)

東名を東京 I.C. でおりて環状 8 号線で首都高 4 号線、C2 を経由して東北道を目指します。環八は例のごとく大渋滞で、わずか 5km ぐらいの距離に 1 時間以上かかってしまいました。4 号線も渋滞していましたが、時速 40km ぐらいでは流れています。C2 に入ってからは順調でした。しかし東北道の先の方には大渋滞が待ち構えているようです。渋滞突入直前の S.A. である蓮田 S.A. に入ろうとしたら、入口に大行列ができていました。みなさん、渋滞前にトイレなどを済ませておこうという同じ考えのようです。

蓮田 S.A. 入口行列
蓮田 S.A. 入口行列

蓮田ですでに 12:00 です。環八の渋滞はいつものことですが、いつもより激しかったため、ここまでの時間としても、予想より 30 分ぐらい遅れていますが、予想の範囲内という感じでした。しかし渋滞情報を見ると、この先はものすごいことになっているようです。渋滞がなければあと 2 時間程度で到着するはずの距離ですが、到着時間を予想すると、なんと 16:00 過ぎです。那須ハイランドパークは 17:00 で閉まってしまうので、もしかしたら間に合わないかも知れません。しかも事前に昼食に寄ろうと思っていた店に行っている時間はないし、そもそも「那須で昼食」という時間ではありません。

妻と相談して、あきらめて帰る事にしました。ここまで激しい渋滞を見ると、1,000 円高速はちょっと失政といわざるを得ない気がします。これでは高速道路の意味がありません。

ということで次の I.C. である久喜 I.C. で降りて、国道 4 号線からわき道を使って左折、右折、右折、右折でターンして、久喜 I.C. でまた東北道に乗って戻りました。ナビの指示通りのルートだと首都高に入ってから C2 で 5 号線に渡り、C1 まで入って 3 号線で東名というルートで、珍しくその指示通りに走っていました。その途中、C1 にマージしてすぐの北の丸出口付近を通りがかった時、北の丸公園の緑が見えて、なかなか綺麗そうだったので、立ち寄って行く事にしました。首都高を霞ヶ関で降り、皇居をぐるりとまわってパレスサイドビル駐車場に車を停め、歩いて向かいます。首都高から見た時私が行こうとしていた所は、北の丸公園ではなく、皇居東御苑というところのようです。入口を入るとすぐに江戸城の天守閣の建っていた台座である天守台があります。

天守台を見上げる奥村
天守台を見上げる奥村

裏の方へまわると、上に上れるようになっていました。

上まで上れるようになっている江戸城天守台
上まで上れるようになっている江戸城天守台

上から見ると、皇居東御苑の緑の遠景に、丸の内の高層オフィスビル群が見えて、いかにも都市公園という景観です。

天守台から丸の内方面を眺める
天守台から丸の内方面を眺める

ビル街の上空には飛行船がプカプカ飛んでいました。

丸の内上空を飛ぶ飛行船
丸の内上空を飛ぶ飛行船

公園内を歩いていると、桜が咲いていました。

皇居東御苑に咲いていた桜
皇居東御苑に咲いていた桜

木についている標識を見ると、ジュウガツザクラ (十月桜) という品種のようです。まだチラホラとしか咲いていませんでしたが、十月の桜ということであれば、これからさらに咲いていくのかも知れません。

復路では再び東名高速港北 P.A. に寄って夕食を食べました。港北 P.A. のレストランは見た目はショボイのですが、意外に美味しいところです。

帰りに南町田に最近オープンした、ブーランジェリー・カフェ・サンポタマージュ Boulangerie Cafe St. Potamage というところに立ち寄りました。ここは地中海料理レストラン・カフェを併設したパン屋さんです。翌日の朝食にする食パンを買いました。お店はおしゃれな外観で、店の前に停められたシトロエンのバンもなかなかそれらしく、いい感じです。

ブーランジェリー・カフェ・サンポタマージュ
ブーランジェリー・カフェ・サンポタマージュ

ここから 2009/09/27(日) 追記

サンポタマージュは、自前のサイトがないこともあってか、検索してくる人が多いようなので、少しコメントを追加しておきます。(お店でもらってきたカードを見ると st-potamage.jp というドメインを取得しているようなのですが、サイトはなく、メールでしか使っていないようです。不思議です...)

我々はパンを買っただけなので、レストランとしてのサンポタマージュの料理がどうなのかについては評価できませんので、レストランとしての評価を探しているのであれば、他のサイトを探してください。
パン屋さんとしてのサンポタマージュですが、買ったのは食パンだけなのですが、食べた感じで言うと、飛びぬけて美味しいということはありませんが、普通に美味しい食パンでした。いわゆる「ベーカリー」としては平均的な味です。売っていたクロワッサンなどのパンを見ても、すごく特徴があるわけではありませんでした。(その後の訪問で、以下の記述は正しくないことがわかりました。2009/11/15(日) 追記文を参照してください) また、品揃えもそれほどよくありません。これは行った時間が夕刻だったからという可能性もありますが、ほぼすべての商品棚にパンが並んでいたことから、朝や昼に行っても品揃えが大きく変わることはないように思います。あと、値段が少し高いように思います。
ということで結論を言えば、わざわざこの店のパンを買いに出かけるというような店ではないように思います。近くに住んでいる人なら、あるいは、グランベリーモールへ良く行く人がついでに立ち寄って買う、といったお客さんが客層のほとんどを占めることになるのではないでしょうか。

[サンポタマージュ情報]
住所: 194-0004 東京都町田市鶴間 3-15-2
電話: 042-706-9580
MAIL: info@st-potamage.jp
交通: 東急田園都市線南町田駅徒歩 5 分、駐車場あり
時間: 11:00-22:00
定休: 火曜 (火曜が祝日の場合は営業)
ここから 2009/11/15(日) 追記

上記の 2009/09/27(日) 追記分のうち、品揃えと、値段が少し高いという点については訂正します。

後日グランベリーモールへ買い物に行く機会があり、その時にもパンを買いに行きました。単に一番近かったというだけの理由だったのですが、その時には品揃えはかなり充実していました。また、価格も、最も安いものはミニ・スコーン 30 円というのもあり、普通の大きさのパンでも、パン・ブラン 80 円や、ベーグル・プレーン 100 円などもあって、どちらかといえば安いと言っていいほどでした。初めて行った時は偶然ハード系の少し大きめのパンが残っていて高いという印象を持ったのですが、間違いでした。参考までにいくつかの商品の価格を以下に書いておきます。

フーガス 210 円
エピ・ベーコン 180 円
バゲット 230 円
リュスティック 180 円
カンパーニュ・ノアゼット・プリュノー 420 円
カンパーニュ・ノア・フィグ 420 円
パン・ド・セーグル 360 円
セーグル・アマンド・アプリコ 360 円

マイス 70 円
マイス・ベーコン 160 円
ソシース 180 円
季節のフォカッチャ (きのこ) 280 円

パン・オ・ショコラ 200 円
クイニーアマン 160 円

パン・ド・ミ 560 円
ミニ・パン・ド・ミ 360 円
レーズン・ブレッド 400 円

ベーグル・プレーン 100 円
ベーグル・セザム 120 円
ベーグル・レーズン・シナモン 120 円
クリームパン 120 円
あんパン 120 円
パン・オ・レ 280 円
パンプキン・ブレッド 400 円

パン・ブラン 80 円
ミニ・スコーン各種 (プレーン、くるみレーズン、チョコオレンジ、アールグレイ) 30 円

ハード系のパン色々 1
ハード系のパン色々 1

ハード系のパン色々 2
ハード系のパン色々 2

惣菜パンなど
惣菜パンなど

食パン系
食パン系

ベーグル、あんぱん、ケーキ
ベーグル、あんぱん、ケーキ

お菓子っぽいもの
お菓子っぽいもの

スコーン各種
スコーン各種

あと、お店の Web Site を作ったようです。

サンポタマージュ - St. Potamage Boulangerie. Cafe.
せっかく st-potamage.jp というドメインを持っているのに、なぜか .com ドメインでサイトオープンです。Goope という飲食店向け Web Site 簡易作成サービスを使って作ったサイトのようで、そのサービスではすでに所有していたドメインが使えなかったのかも知れません。もったいない...
最後に、相武台前駅の裏手の方にあるカフェダイニング・アレーズ a laise 立ち寄ってデザートを買いました。閉店間際に行って、店はほとんど片付けが終わっているような状態でしたが、快く対応していただけました。

カフェダイニング・アレーズ
カフェダイニング・アレーズ

そんわけで、那須ハイランドパークへ行って実物大ガンダムと一緒に写真を撮るはずだった 1 日は、予定外に皇居東御苑を散策する 1 日に変わってしまいました。まぁ、こんなこともあります。
posted by Okumura at 22:28 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

結婚記念日道志道ツアー

2009/09/10(木) は 4 回目の結婚記念日です。例年結婚記念日は、前後の近い日付の週末に、結婚式会場であった横浜うかい亭にランチを食べに行っていたのですが、今年は別の機会でうかい亭へ行ったことや、例年冬に行っている道志道、山中湖近辺へ夏場にも一度行ってみようと話をしていたりといったこともあって、道志道を通って山中湖へ行って来ました。

08:45 頃出発し、いつものように道志道を通って行きます。朝食は道の駅どうしで食べました。食べたのは道の駅どうしの軽食コーナーで売っている、おこわ赤飯のおにぎり、ポトフ、クレソンうどんのつけ麺です。冬場に来た時は寒くて外に出る気になれませんでしたが、今回はテラス席で食べました。

テラス席で昼食
テラス席で昼食

うどんつけ麺
うどんつけ麺

ご飯を買ってから後でできるといううどんつけ麺ができるのをテラス席で待っていると、妻が一瞬どこかへ行ってしまいました。戻ってきたら、となりにあるとうふ屋ほたるで、おからドーナツを買って来ていました。前回来た時には時間が早すぎて買えなかったので、今回狙っていたようです。甘さ抑え目で健康的な感じのドーナツで、デザートとしておいしくいただきました。

おからドーナツ
おからドーナツ

おからドーナツを食べる奥村
おからドーナツを食べる奥村

道の駅どうしには地元産のものを中心に色々な野菜を売っています。すぐに帰宅するのであればいいのですが、朝のこの時間に買ってしまうと痛んでしまうので買えませんでした。
珍しいものとしては、今回夕顔の実というのを売っていました。夕顔は良く見ますが、こんな大きな実がなるとは知りませんでした。

夕顔の実
夕顔の実

さらに進んで山中湖へ到着です。いつものように山中湖北岸の長池親水公園へ向かいました。富士山にはわずかに雲がかかっていましたが、時々山頂が顔を出してくれました。

富士山と山中湖
富士山と山中湖

富士山と山中湖と奥村
富士山と山中湖と奥村

富士山と山中湖と妻
富士山と山中湖と妻

次の目的地は、山中湖花の都公園です。ここは冬の時期に来た事しかありませんでした。冬には屋外の花畑には全く花が咲いていなくて寂しい感じでしたが、今回は色々な花が咲いていて非常に楽しめました。いずれの花も富士山を背景に撮影できるのがとてもすばらしいです。まずは富士山と色々な花の組み合わせの写真をお楽しみください。

富士山と百日草
富士山と百日草

富士山とひまわり
富士山とひまわり

富士山とサルビア
富士山とサルビア

富士山とサンパチェンス (?)
富士山とサンパチェンス (?)

富士山とそば (?)
富士山とそば (?)

富士山とキバナコスモス
富士山とキバナコスモス

駐車場 (1 回 300 円) に車を停めて入口の方へ向かうと、入口に入る前の橋の両側の部分からすでにすばらしい百日草の花畑が広がっていました。早速写真を撮ります。この部分は無料というのが不思議なぐらいのすばらしい光景です。

百日草の写真を撮る奥村
百日草の写真を撮る奥村

そうやって撮った写真 (富士山と百日草)
そうやって撮った写真 (富士山と百日草)

夏季の入場料 1 人 500 円を払って有料エリアに入ると、入ってすぐのところに、ひまわりが少しだけ残っていました。

富士山とひまわりと奥村
富士山とひまわりと奥村

8 月に花の都へ来た人の Blog を見ると、一面のひまわり畑と富士山の写真がありますが、これはここではなく、下でも書いていますが、無料のエリアにある花畑のようです。

有料エリアには清流の里という場所があり、人工の滝や小川があります。途中には 3 連水車があります。水車は揚水水車でした。

3 連揚水水車
3 連揚水水車

3 連水車によって揚げられた水は、水門などがあるエリアで利用されています。水門や水車などが遊具として設置されていて、実際に水路に流れる水流を水門で止めたり流したりして遊ぶことができます。農業用水などに使われている水門を一度は操作してみたいと思っている人はけっこう多いのではないかと思います。ここの水門は遊具ですが、実際の水門と同じような構造となっているので、夢を実現できます。

水門遊具
水門遊具

水門遊具で遊ぶ奥村 (41 歳)
水門遊具で遊ぶ奥村 (41 歳)

清流の里には、ブドウのように細かい実がたくさんなる面白い植物がありました。

ブドウのような実のなる植物
ブドウのような実のなる植物

この日の一番の見所は、キバナコスモスの畑です。有料エリアのゲートを入った時には、有料エリアにあるように見えたのですが、少し歩いていくと第 2 ゲートがあって、無料エリアに出てしまいました。この花の都公園は、非常に不思議な構造をしていて、見所である花畑のほとんどは、有料エリアの外にあり、入場料を払わなくても見ることができます。上で少し書きましたが、このキバナコスモスの畑の目の前では季節が終わったひまわり畑の刈り取り作業をしていました。8 月に花の都へ来た人の Blog なので良く見るひまわり畑は、このキバナコスモスの畑の目の前の部分だったようです。

富士山とキバナコスモス
富士山とキバナコスモス

キバナコスモスの花畑で記念撮影
キバナコスモスの花畑で記念撮影

キバナコスモスの畑は、遠目には一面同じ色のように見えますが、ひまわりがところどころに咲いていたり、同じキバナコスモスでも非常に濃い色の花があったりして、よく見ると濃淡があります。

富士山と色の濃い花がまざっているキバナコスモス
富士山と色の濃い花がまざっているキバナコスモス

キバナコスモスの写真を撮る奥村
キバナコスモスの写真を撮る奥村

色々な花と富士山の組み合わせの絶景を堪能した我々は、次の目的地ハンモックカフェ Hammock cafe があるPICA 山中湖ヴィレッジへ向かいます。

ハンモックカフェでは、バジル・ホットドッグ、そば粉のガレット、ブドウジュース、アイスカフェモカをいただきました。ハンモックカフェで飲食物を買うと、ハンモックに乗ることができます。

ハンモックの乗り方
ハンモックの乗り方

ハンモックでくつろぐ奥村
ハンモックでくつろぐ奥村

ハンモックの中から見た風景
ハンモックの中から見た風景

ハンモックカフェでくつろぐ妻
ハンモックカフェでくつろぐ妻

ハンモックカフェのランチ
ハンモックカフェのランチ

バジル・ホットドッグ
バジル・ホットドッグ

そば粉のガレット
そば粉のガレット

ハンモックカフェで昼食を食べる奥村
ハンモックカフェで昼食を食べる奥村

ハンモックカフェで昼食を食べる妻
ハンモックカフェで昼食を食べる妻

昼食としては食べ物のボリュームがちょっと足りなかったのですが、天気、気温がちょうどよい感じで、のんびりくつろぐことができました。

次の目的地は、富士眺望の湯ゆらりです。富士眺望の湯ゆらりは、道の駅なるさわに隣接してあるため、道の駅なるさわにも立ち寄りました。道の駅なるさわに到着したのは 15:31 頃だったのですが、我々が駐車場に入っていく時には、建物の前にテントがあって、人が群がっているのが見えました。どうやらとうもろこしを無料配布していたようです。

道の駅なるさわゴールドラッシュのテント
道の駅なるさわゴールドラッシュのテント

しかし、我々が車を停めてテントの所へ行ってみると、すでに後片付けが始まっていました。ほんの一瞬の差で、とうもろこしを入手しそこないました。これはどうやら道の駅なるさわ収穫祭というイベントの一部だったようです。道の駅の建物の中でも野菜が色々売られているのですが、いつ消費できるか、というタイミングを考えると、ここで買うのはやはり難しくて野菜は買いませんでした。

富士眺望の湯ゆらりはすぐ近くなのですが、独立した駐車場があるようなので車で移動しました。入口付近から富士山が綺麗に見えています。

富士眺望の湯ゆらりから見た富士山
富士眺望の湯ゆらりから見た富士山

お風呂は 2 階建になっていて、2 階にある内風呂、そのすぐ外に五右衛門風呂が 3 つ、1 階におりると広い露天風呂、温室のような建物になっている香り風呂、水風呂が屋外にあります。1 階の屋内には、洞窟風呂と、サウナがありました。外風呂からは富士山が見えるのですが、ほとんどの湯船ではお湯につかるために座ってしまうと富士山が見えなくなってしまいます。"富士眺望の湯" と名乗るのであれば、もう少し工夫して湯船に座った状態でも富士山が見えるようになっているとよいと思いました。ちなみに全く見えないわけではなく、3 つある五右衛門風呂のうち、富士山に向かって一番左の一番小さいものは、風呂の中にステップがあって、そこに座ると富士山がなんとか見えます。また、2 階の内風呂からはガラス越しですが、湯船に座っても富士山が見える場所が何箇所かあります。
この風呂には少し不思議なところがありました。というのは、一番大きな露天風呂の湯船の富士山側に小さな池があって、そこに鯉が数匹泳いでいるのですが、その鯉がものすごく人を怖がるのです。普通公園の池などで飼われている鯉は、手をパンパンと鳴らすとるとよって来ます。公園によっては人が池の近くに行っただけで寄ってきます。しかしここの鯉は私が寄っていくと狭い池の中をなるべく近寄らないようにし、手を鳴らしなどしようものなら、普段は優雅に泳いでいるところしか見ない鯉には似つかわしくない速度でそそくさと泳いで逃げてしまいます。もしかしたら入浴中の人にイジめられた事があって人を怖がっているのかも知れません。

お風呂の後は夕食です。これを読んでいると食べてばかりのように感じるかも知れませんが、昼をそれほど食べてないので、量的にはそれほど食べていなくて、それなりにお腹が空いています。夕食も富士眺望の湯ゆらりの「お狩場」というところで食べました。お狩場は個室が並んだ構造になっていて、個室の並んだ廊下や、それぞれの入口は、古い日本家屋をイメージしたスタイルになっていてなかなかいい感じです。

お狩場の部屋
お狩場の部屋

そして、食事 (の少なくとも一部) は、窓の外の SL 列車が運んできてくれます。富士眺望の湯ゆらりの館内案内図にも、SL 列車が描かれています。

SL の絵が描かれた富士眺望の湯ゆらりの案内図
SL の絵が描かれた富士眺望の湯ゆらりの案内図

注文を済ませてからソワソワ待っていると、SL 列車が動きはじめました。

食事運搬 SL 列車
食事運搬 SL 列車

食事を運んできた SL 列車
食事を運んできた SL 列車

なかなか造形のよくできた SL 模型で、真剣に見入ってしまいました。

鉄な人
鉄な人

けっこう細かくできている SL
けっこう細かくできている SL

SL 自体は部屋の前を通過していきます。

部屋の前を通過していく SL
部屋の前を通過していく SL

なぜかと言うと、食事を積んでいるのは後ろに連結された貨車だからです。

部屋の前で貨車が停止
部屋の前で貨車が停止

貨車が停まると放送がかかり食事を取り出すように言われます。

食事が載っている貨車
食事が載っている貨車

貨車から食事を取り出す
貨車から食事を取り出す

メインの富士桜ポークとキャベツのセイロ蒸しは、SL 列車ではなく、普通に人が持ってきてくれました。

ご飯、サラダなど
ご飯、サラダなど

富士桜ポークとキャベツのセイロ蒸し
富士桜ポークとキャベツのセイロ蒸し

係りの人がコンロに火をつけてくれて、豚肉が蒸しあがったところで夕食の開始です。

夕食を楽しむ奥村
夕食を楽しむ奥村

2 人でおいしくいただきました。食事をしている途中、別の部屋に人が来ると、その部屋の食事を運ぶために SL 列車が走ります。そのたびに窓を開けて SL を見たり、写真を撮ったりしていました。この日は平日だったので我々が部屋に滞在していた時間で列車は我々の分を含めても 4 往復しかしませんでしたが、部屋は 11 部屋あるようなので、土日など混雑した時に来れば SL が何回も往復して、鉄道好きな子供のいる家族であれば、とても楽しく過ごすことができそうです。

帰りは河口湖 I.C. から中央道、八王子 I.C. とカーナビの提示したままのルートで帰ってきましたが、平日の夕方であるためか、高速道路はガラガラでまったく渋滞なく帰ってきました。

山中湖近辺はこの数年冬場にばかり行っていたのですが、夏場に行くと色々な違いがあって楽しかったです。

こんな感じで我々の結婚生活は 5 年目に突入しました。
posted by Okumura at 23:14 | 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

神戸らんぷ亭塩牛丼

昼食は何を食べようかと渋谷の街を歩いていると、神戸らんぷ亭を見かけました。

神戸らんぷ亭
神戸らんぷ亭

店先を見ると「塩牛丼」なる広告垂れ幕がかかってます。

塩牛丼の広告垂れ幕
塩牛丼の広告垂れ幕

塩? 牛丼なのに? ということで、これを食べることにしました。

塩牛丼 450 円
塩牛丼 450 円

塩牛丼 450 円だけを単品で買ったのですが、サービス期間だかサービス時間帯だかで、味噌汁を無料で付けてくれ、ちょっと豪華な感じになりました。

塩牛丼、味噌汁付
塩牛丼、味噌汁付

味は... すき家かどこかで塩ダレベースの豚丼があったと思いますが、それの肉を牛肉にした版という感じでした。それなりに美味しいのですが、リピートするかというと微妙な感じです。まぁ、神戸らんぷ亭以外では見かけることさえないメニューなので、面白い食べ物を好む私は、もう 1 回ぐらいは食べるかも知れません。
posted by Okumura at 23:00 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

帰省 3 日目〜 4 日目

帰省 3 日目です。今回の帰省は 3 日目の深夜出発で帰宅するため、実質最終日です。

3 日目も 11:00 ぐらいまで寝てました... 朝食はいつものように母が作ってくれました。

朝食
朝食

3 日目もさしてやることがあるわけではありません。まず、天理市内でみしまやといううなぎ屋をやっている親戚に、お土産を渡しに行きました。

みしまやへ向かう母
みしまやへ向かう母

次にお墓参りで、豊田山山舎という天理教の納骨堂へ向かいました。途中で母が「天平庵寄ってこか、お菓子食べて、コーヒーも飲めるし」と言うので、立ち寄りました。

天平庵へ入ろうとする母
天平庵へ入ろうとする母

天平庵とはオカキや和菓子を売っているお店なのですが、母の言葉から、喫茶コーナーもあるのだろうと思って入りました。ところが母が言っていた「コーヒーも飲めるし」という場所は、なんと試食のコーナーです。この天平庵には、売り場とはちょっと独立した感じで、大き目のテーブルに試食用のお菓子がおいてあるコーナーがあります。

試食用のお菓子
試食用のお菓子

その横には、ファミレスのドリンクバーのようなドリンクコーナーがあって、無料で自由に飲めるようになっています。

ドリンクコーナー
ドリンクコーナー

母は、仲の良い「もっちゃん」という親戚と 2 人で、時々連れ立ってここへやってきては、1 時間とか粘っていっぱいしゃべって帰るのだそうです。本来会計を待っている間とかにちょっと試食をつまんでもらおうというぐらいの場所で、そういうコーナーではないと思うのですが、関西のおばちゃんが生息する地域でこのようなコーナーを作れば、そういった利用のされ方もあるという事は、店の側も覚悟の上のようで、店員さんにはいつもやさしく接してもらえているそうです。

今回は会社へのお土産などを天平庵で買いました。

続いてはユニクロです。父が 70 歳ぐらいから車を運転しなくなったので、駅の近くにないユニクロはなかなか行く機会がないということで母が行きたいということで連れて行きました。

ユニクロ
ユニクロ

母は自分のものや父の部屋着などを買って満足気でした。

最後は自転車屋さんです。母は、一応自転車に乗れるのですが、走っているのを見ても安定感がなく、自分でも普通の自転車に乗って公道を走るのは危ないと思っているようです。しかし親戚の人が三輪自転車に乗っていて、あれなら止まっても倒れないから安全だろうと思っているらしく、最近三輪自転車が欲しいと言い出しました。父は三輪の方が傾いた歩道などでは二輪の自転車より不安定で危ないと反対なのですが、実物を見て、できれば乗ってもらって判断してもらおうということで、自転車屋さんへ行きました。母曰く、昔は街中にたくさん自転車屋があったというのですが、そういう店はほとんど廃業していて、自転車がたくさん品揃えされている店は最近見ないと言います。確かに天理の市街地にあった自転車屋さんはほとんどなくなってしまっています。ということで、車がないと行けない国道 24 号線沿いのサイクルベースあさひへ行きました。

サイクルベースあさひ
サイクルベースあさひ

店内には色々な種類の自転車が展示されていて、母は「こんなにたくさん自転車を展示している店がまだあったんや」と喜んでいましたが、三輪自転車は展示されていません。店員さんに聞いて見ると、三輪自転車の需要は年々減っていて、最近は展示しても全然売れないので、実質受注生産のような感じになっているということでした。カタログだけ見せてもらいましたが、店員さんから三輪自転車が売れない理由などの説明もあって、母は三輪自転車の購入を諦めました。

帰宅してちょっと遅い昼食です。洋風にトースト、ソーセージ、サラダ、目玉焼き、コーヒーです。もちろんこれも母が作ってくれました。

昼食
昼食

夕食の頃には姉が合流しました。私はよく覚えていなかったのですが、なにやら自転車を買ってやると姉にも約束していたらしく、買いに行くハメになりました。姉に自転車をあげるのは 4 台目です。(1 台目から 3 台目までは自分用に買った自転車をあげただけですが...)
姉にしては珍しく、安い自転車のめぼしをつけていたらしく、ホームセンター・オージョイフルに買いに行きました。

ホームセンター・オージョイフルの自転車 8,980 円の広告
ホームセンター・オージョイフルの自転車 8,980 円の広告

店頭で、これがそうかな〜と思って見てみると、12,800 円の値札が付いています。広告の自転車との違いはほとんどわからないほどですが、同じ製品ではないということはわかりました。

店頭の 12,800 円の自転車
店頭の 12,800 円の自転車

仕方なくこれを買おうと店員さんを呼んで手続きをしているときに、私が「広告の 8,980 円の自転車は店頭に見当たらないけど、売れてしまったのですか?」と聞いて見ると「取り寄せになるので少し時間がかかりますが、あります」という予想外の返事です。だったら、そちらの安い方でお願いしますということで、広告通り 8,980 円で折りたたみ 6 段変則の自転車を買うことができました。ヘッドライトとチェーンロックもついでに買わされましたが、トータルでも 12,800 円より安くなりました。売り上げ面で不利になる情報なのに正しい情報を教えてくれたホームセンター・オージョイフルの店員さん、ありがとう。

相模原への出発は深夜移動の予定だったので、夕食も天理です。母の希望で幸楽苑に... こんな店でいいの? と聞いて見ましたが、父と 2 人で生活していると行くことがないので、一度行って見たかったということのようです。塩野菜ディナーセット、ラーメン、つけ麺を頼みました。

セットのウーロン茶とサラダ
セットのウーロン茶とサラダ

セットの塩ラーメン、おにぎり、餃子
セットの塩ラーメン、おにぎり、餃子

ラーメン
ラーメン

つけ麺
つけ麺

食事中の母と姉
食事中の母と姉

いつの間にかチャーハンが増えてる...
いつの間にかチャーハンが増えてる...

食事を終えて一度帰宅し、20:00 すぎに出発しました。私が天理を離れてから新しく出来た国道 24 号線のバイパス区間 (おそらく将来は京奈和道路に組み込まれるはずの道路) を走ってみたくて、一度桜井方面へ向い、橿原から 24 号バイパスへ入って走ってみました。西名阪郡山 I.C. まで昔の 24 号を通るとけっこう遠い印象だったのですが、あっと言う間に到着してしまいました。
そんなわけで珍しく天理 I.C. ではなく郡山 I.C. から名阪に乗ったので、10 年振りぐらいに天理 P.A. に入ってみました。

西名阪天理 P.A.
西名阪天理 P.A.

記憶にある天理 P.A. よりはだいぶ綺麗になっていました。

名阪国道から東名阪に入り、御在所 S.A. で再び休憩です。掲示板に貼られていた情報誌に、アイスト (トラックなどのアイドリングストップ時に使うための外部電源) が登場という記事が載っていました。これって普通の車でもつかえるようになるのでしょうか?

アイスト出現
アイスト出現

御在所 S.A. のトイレには、いまだに洋式便所の使い方を説明した絵が貼られています。

洋式便所の使い方
洋式便所の使い方

こちらは東名高速牧の原 S.A. で見かけた東名高速 40 周年のポスターです。東名高速道路は、私が物心付いた時には存在していたのですが、私より少し若いんですね...

東名高速 40 周年ポスター
東名高速 40 周年ポスター

牧の原 S.A. はトラックドライバーが長時間の休憩をしやすいような駐車場の構造になっていて、大型車用の駐車場のところにある建物には、コインランドリーやコインシャワーもあります。

牧の原 S.A. のコインランドリー
牧の原 S.A. のコインランドリー

牧の原 S.A. のコインシャワー
牧の原 S.A. のコインシャワー

牧の原 S.A. を出て東京方面へ少し走ると、妙に明るく照明に照らされた区間がありました。「これは例の場所か!」と気付いて、カメラを取り出して撮ってみました。運転中でファインダーを覗けないのでちゃんと撮れたかわからなかったのですが、見直してみると、けっこうちゃんと撮れていました。この Blog ポストを将来読む人はもう忘れてしまっているかも知れませんが、2009 年の 8 月、地震で東名高速道路の土盛区間の一部が陥没するという衝撃的な事件がありました。その現場です。仮修復が行われていますが、路肩は狭く、強度も十分ではないようで、この区間の少し前から「速度を落として走れ」などの表示が繰り返し行われていました。

東名高速陥没事故仮補修区間
東名高速陥没事故仮補修区間

その後も S.A. にはほとんどすべて立ち寄りながらダラダラ進み、中井 P.A. で朝食です。中井 P.A. でトイレに入ると、便器と、ハンドドライヤーが壊れていました。高速道路のこういった備品はいつも整備が行き届いていてあまり故障しているのを見ないのですが、同じ P.A. で同時に 2 つも壊れているのを見てちょっと驚きました。

小便器故障中
小便器故障中

ハンドドライヤー故障中
ハンドドライヤー故障中

朝食は中井 P.A. の中井麺宿で食べました。うどんに天ぷらを 2 つつけました。

中井麺宿での朝食
中井麺宿での朝食

天ぷらの 1 つは、玉子の天ぷらです。割ると中身は半熟でなかなかおいしかったです。

半熟玉子の天ぷら
半熟玉子の天ぷら

ほとんどの S.A. に立ち寄って、ほとんどのところで寝てたので、中井 P.A. で早くも夜明けを迎えてしまいました。自宅到着は 6:00 過ぎでした。20:00 過ぎに天理を出たので、10 時間以上かかってます。休憩しすぎですね...

こんな感じで 2009 夏の帰省は終了です。次回帰省するのは正月かな...

posted by Okumura at 09:00 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする