2009年04月26日

2009 MotoGP 決勝

2 日目は決勝です。天気予報は晴れで、気温も暖かくなりそうです。

今年は昨年に続いてシティーホテル友部に宿泊しました。このホテルは教習所に併設されていて、おそらく合宿免許のために作られた宿泊施設を、そのまま一般向けのホテルとしても営業しているものと思われます。このホテルは朝食付で予約すると、予約時に朝食のメニューを選ぶ必要があります。これは洋食パンセットです。洋食のメニューでは他にチーズトーストの朝食付というメニューもあって、こちら洋食パンセットの方が 170 円高くなっています。

ホテルの朝食 (洋食パンセット)
ホテルの朝食 (洋食パンセット)

ホテルの部屋からは教習コースが見えています。

教習コース
教習コース

ホテルをチェックアウトして、ツインリンクもてぎへ向かいました。天気は、薄曇りと晴れの間ぐらいの感じだったのですが、もうすぐツインリンクもてぎに到着するというころになって急激に空が暗くなって、いきなり大雨が降ってきました。駐車場についた時には少し雨脚は弱まっていましたが、止む気配はありません。仕方なく今日は使わないはずだった雨合羽を着てコースへ向かいました。
東エントランスから入場しました。チケットホルダーを持ってくるのを忘れたので、購入しようと C 席の裏あたりの売店の列へ向かいました。けっこう混雑している上に、雨のため傘を差している人が多くて歩きにくいです。

傘をさす人々で混雑する C 席裏の売店の列の間の通路
傘をさす人々で混雑する C 席裏の売店の列の間の通路

チケットホルダーを探しますが、食べ物屋さんが多くてあまりありません。見つけたものは鈴鹿サーキットのものだけですが、なんとなく鈴鹿サーキットのものを買う気になれず、結局ホームスタンドの建物にある売店まで行って買いました。

チケットホルダーを入手したので、自分の席である G 席へ向かいます。途中自由席である E 席を経由して行きました。E 席から最終コーナー付近を見ると、オフィシャルがコースの修理をしているようでした。コース脇を少し掘って水はけを改善しようとしているような感じでした。

オフィシャルがコース修理中
オフィシャルがコース修理中

そのまま G 席へ向かう途中で雨が止み、G 席に着いた頃には少し晴れ間が出てきたぐらいでした。なんとも不思議な天気です。各クラスの決勝前に、ホンダ WGP 参戦 50 周年メモリアルランというイベントがありました。谷口 尚己、高橋 国光、フレディ・スペンサーといった伝説的なライダー達が、RC142、RC164、NSR500 に乗ってコースを 1 周してくれるはずで楽しみにしていたのですが、雨の影響でコースコンディションが悪く、ホームストレートのみの走行となってしまい、私の見ていた G 席前の 90 度コーナーのところへは来ませんでした。ちょっとがっかりです。

しばらくするとさらに天気が回復してきて、再び雨がふることはなさそうな感じだったので、合羽を脱ぎました。他の人が手すりに干していたので、私も自分の席のすぐ後ろの手すりで合羽を干しました。

合羽干し
合羽干し

今回観戦した G 席は 90 度コーナーの内側にあります。同じ 90 度コーナーの外側には Z 席があります。Z 席は正面 (G 席の 90 度コーナー寄りの中段部分) にサーキットビジョンがありますが、G 席から見えるサーキットビジョンはありません。コースのほかの部分での追い抜きやクラッシュなどがあると、サーキットビジョンがある Z 席からは「お〜」などと歓声が上がるのですが、G 席はし〜んとしていて、その対象が面白かったです。

ツインリンクもてぎには、サーキットビジョンの映像を、無線 LAN で配信する Pit Live TV というシステムがあり、90 度コーナーあたりでは、その電波が拾えます。私の Advanced W-ZERO3 でも電波は拾えて画面を見れたのですが、映像はガクガクしているなんてものではなくて、動画というより紙芝居という感じでした。無線 LAN の伝送がいまいちなのかと思っていたのですが、ふと気が付くと、私の目の前の何列か前の人が PC で同じ Pit Live TV を見ていました。

パソコンで Pit Live TV 動画再生中
パソコンで Pit Live TV 動画再生中

それを見ていると、動画はスムーズに見えていました。どうやら Advanced W-ZERO3 の性能に問題があるということのようです。

決勝レースは 125 クラスから開始です。先ほどまでの雨の影響でコースは部分的に濡れていて、部分的に乾き始めているという、いかにも難しそうなコンディションでした。

ウェット部分が残る 90 度コーナー
ウェット部分が残る 90 度コーナー

ウェット部分が残るダウンヒルストレート
ウェット部分が残るダウンヒルストレート

125 クラスでは、ウェット用のタイヤを履いて出てきたライダーと、セミ・ウェット用のタイヤを履いて出てきたライダーがいたようです。コースはレース開始直前から急速に乾きはじめました。路面から雨が湯気になって立ち上っていました。あんな光景を見るのは初めてです。
サイトラップを走った時点で決断してドライ用タイヤに履き替えるライダーも何人もいたようです。結果としてはドライ用を選択するのが正しかったようです。
125 クラスにはフル参戦している小山 知良、中上 貴晶の 2 名以外に、ワイルドカードライダーとして何人かの日本人ライダーが走っていましたが、結果はあまりよくありませんでした。
小山 知良、中上 貴晶は中盤でかなり追い上げた時期もあったのですが、途中からずりずり下がっていってしまいました。

中上 貴晶
中上 貴晶

125 クラスの決勝が終わった時にはコースはすっかり乾いていました。

乾いたダウンヒルストレート
乾いたダウンヒルストレート

250 クラスでは青山兄弟が大活躍です。青山 博一が、2 番グリッドからスタートし、一時はラップリーダーとなりました。10 周ぐらいはトップを守っていたと思いますが、後半でバウティスタに抜かれて 2 位となりました。オートバイの速さが違うのか、2 位になってからは 1 位との間はどんどん広がっていってしまい、結局 2 位のままレースを終えました。しかし開発の続く「現行機」アプリリアに対して、2 年以上前から開発が停止した旧車であるホンダのオートバイに乗る青山 博一にとっては 2 位でも十分すばらしい成績です。

青山 博一
青山 博一

レギュラー参戦シートを失っている弟、青山 周平も、ワイルドカード参戦して 6 位に入りました。大善戦と言えると思います。

青山 周平
青山 周平

250 クラスの決勝途中ぐらいから風が強くなりはじめました。鯉のぼりが真横になびいたままになっていたので、風速 30 ノット以上はあったのではないかと思います。

強風になびく旗と鯉のぼり
強風になびく旗と鯉のぼり

最後に MotoGP クラスの決勝です。
決勝の前に、開会セレモニーが行われました。例年は日本国歌が演奏されていたような記憶があるのですが、他のイベントと混同してしまっているのでしょうか? 今年は国歌演奏はなかったように思います。開会宣言は例年は政治家がやっていたと思うのですが、今年はフレディ・スペンサーが行いました。なかなかよかったです。

MotoGP クラスのレースでは唯一の日本人ライダー高橋 裕紀が 1 周目の途中でミスをしてリタイヤしてしまい、レースで走る姿は G 席では一度も見れませんでした。この写真はサイトラップの高橋 裕紀です。

高橋 裕紀
高橋 裕紀

レースはバレンティーノ・ロッシがトップに出てから後続を引き離してそのまま優勝かと思ってみていたら、意外なことにチームメートのホルヘ・ロレンソがロッシをパスして、そのまま逃げ切って優勝しました。

ロレンソ vs. ロッシの熱い争い
ロレンソ vs. ロッシの熱い争い

優勝したホルヘ・ロレンソ
優勝したホルヘ・ロレンソ

バレンティーノ・ロッシ
バレンティーノ・ロッシ

4 位に終わったケーシー・ストーナー
4 位に終わったケーシー・ストーナー

90 度コーナーには毎年関係者として招待されたらしい人が、ガードレールのすぐ外側というところで観戦しています。下の写真は、その中の 1 人のおっちゃんが、コンパクトカメラっぽいちゃちいカメラで、おぼつかない手つきでロッシの写真を撮っていました。

ロッシの写真をとるおっちゃん
ロッシの写真をとるおっちゃん

今回のレースではロレンソがロッシをパスしたことが最大の驚きでしたが、カワサキのワークス撤退後、サテライトチーム (本体がないのに、サテライトって言うのだろうか?) で参戦している HAYATE レーシングが 6 位に入る善戦をしたことです。来年は見れない 1 年限りの珍車となる可能性も高く、写真を撮れたのはラッキーかも知れません。

HAYATE レーシング
HAYATE レーシング

125 クラスの決勝レースの途中からすごく天気がよくなってきました。脱水症状も心配されるような状況だったので、多めに水分を取っていたのですが、するとトイレに頻繁に行きたくなり、125 クラスの決勝後、250 クラスの決勝後の 2 回トイレに行きました。面白いことに G 席から少し離れたところにある仮設トイレには行列ができているのに、そこから 200m と離れていない常設トイレはガラガラで、誰も並んでいませんでした。常設トイレの方が清潔で設備も使いやすいのに不思議な現象です。私は 2 回とも常設トイレを使わせてもらいました。

行列のできた仮設トイレ
行列のできた仮設トイレ

空いている常設トイレ
空いている常設トイレ

G 席のすぐ後ろにはオートバイ用の駐車場があるのですが、さすが MotoGP を見に来ている客層だけあって、すごいオートバイがいくつかありました。中でも目を引くのは、やはりこれ、NR500 です。

NR500
NR500

今回の観戦では、新しい応援グッズ、エアホーンを持ってきました。昨 2008 年に富士スピードウェイに F1 を見に行った時に買ってきたものです。

ECO BLAST AIR HORN
ECO BLAST AIR HORN

普通のエアホーンは使い捨ての圧縮空気ボンベのようなものを買い足して鳴らすようなのですが、この ECO BLAST は自転車用の空気入れで自分で圧縮空気を作れば、いくらでも鳴らすことができます。拍手や声援は、オートバイの音でかき消されてしまう感じがするのですが、エアホーンなら、やかましい中でもレーサーに聞こえているのではないかという感じがしました。

レースが終わって駐車場に戻ると、隣の車の後ろに設営されていたレジャー・テーブルなどが、強風でなぎ倒されて大惨事になっていました。この時点では、この車の持ち主は戻ってきていなかったようです。戻ってきたらびっくりするでしょうね...

レジャー・テーブル大惨事
レジャー・テーブル大惨事

帰りです。例年より少し早く帰れたような気がしていたのですが、季節が違うために日の落ちるのが遅いため、そのように感じただけなのかも知れません。

友部 S.A. には水戸黄門の顔ハメがありました。

水戸黄門顔ハメ
水戸黄門顔ハメ

同じく友部 S.A. です。五浦ハムのハム焼というのを売っていたので食べてみました。なかなか美味しかったです。私が買ってしばらくしたぐらいで売り切れてました。

五浦ハムのハム焼
五浦ハムのハム焼

ハム焼
ハム焼

こちらも友部 S.A. で食べた餃子まんです。肉まんの中身が餃子です。本当の餃子とちがって醤油をつけずにそのまま食べるので、その点を考慮してもう少し味付けが濃くてもよいのではないかと思いました。

餃子まん
餃子まん

友部 S.A. を出るとすぐに眠くなってきて、ほとんど走っていないのに谷田部東 P.A. で再度休憩し、しばらく寝ました。起きてからトイレに行ったのですが、谷田部東 P.A. のトイレマークは個性があります。

谷田部東 P.A. のトイレマーク
谷田部東 P.A. のトイレマーク

さらに走りだしてからガソリンが残り少ないことに気づきました。常磐道から東名方向へ抜けるには首都高をかなり長距離走りますが、首都高にはガソリンスタンドがついた S.A. がないので、常磐道でガソリンを入れておく必要があります。谷田部東 P.A. からたいして走っていないのに、再び守谷 S.A. に立ち寄りです。どうせ立ち寄るので、ガソリンスタンドに行くだけでなく、ご飯も食べてしまうことにしました。

守谷 S.A. ドミかつ丼
守谷 S.A. ドミかつ丼

売店には守谷 S.A. のオリジナルキャラクター守犬 (もりけん) グッズを売っていました。

守犬 (もりけん)
守犬 (もりけん)

posted by Okumura at 23:59 | ☔ | Comment(5) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

2009 MotoGP 日本 GP 予選日

毎年恒例 MotoGP を見に来ています。例年日本 GP は秋に開催だったのですが、今年は春開催です。

ツインリンクもてぎにやってきたものの、大雨で予選は中止になってしまいました。まぁ、もともと MotoGP クラスの予選の後半がなんとか見れるという程度の時間にのんびりやってきていて、何が何でも予選が見たいという感じではなかったのですが、全然走っていないとは思っていませんでした。

やることがないので、以前「パドックカフェ JAY」という名前だったらしい「グランツーリスモカフェ」併設の売店で何か面白いものがないかとブラブラしていました。売店の少し先には店名の由来にもなっている「GRAN TURISMO 5 Prologue」のゲーム機が 3 台置いてありました。なんとなく見ていたのですが、ふとその光景に違和感を覚えました。3 台のうち 1 台にだけ、やたらと人が群がっていて、しかもゲームをプレーしている人の写真をデジカメや携帯電話でバシバシ撮っています。私のいた場所からはプレーしている人は見えなかったのですが、周囲の一般人らしき人々が写真をあれだけ撮っているところからすると、有名人に違いありません。もしかしてライダーがプレー中なのかと思って、私も集団に加わり、カメラを持った手を伸ばしてプレーヤーの写真を撮って見ました。

するとそこに写っていたのは... なんと昨年度の MotoGP クラスのシリーズ・チャンピオン、バレンティーノ・ロッシ選手ではありませんか。

GRAN TURISMO 5 Prologue をプレーする、バレンティーノ・ロッシ選手
GRAN TURISMO 5 Prologue をプレーする、バレンティーノ・ロッシ選手

こういう事って本当にあるんですね... 今日はオートバイが走っているところは全然見れませんでしたが、サーキットに来るだけ来ておいてよかったと思いました。

明日 2009/04/26(日) は決勝です。今日と違って天気は回復するようです。今年は 90 度コーナーの内側に昨年新設された G 席での観戦です。
posted by Okumura at 23:16 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

日本女子ソフトボールリーグ 2009 年開幕戦

昨 2008 年は、北京オリンピックで金メダルを獲得して日本のソフトボールは非常に盛り上がりました。そのソフトボールの今年の日本女子ソフトボールリーグが開幕したので見に行きました。今 2009 年、初の試みとして、全チームが同じ球場 (西武ドーム) に集まって開幕を迎えました。

まぁ、ミーハーな私が見に行ったのは「ソフトボール」というよりも、上野由岐子投手を見に行ったという方が事実に近いです。

以前西武ドームに野球を見に行った時に駐車場待ちの列ができていたのを見たことがあり、今回のソフトボールでどのぐらいの混雑になるか予想が付かなかったので、電車で行くことにしました。

西武球場は相模原の私の家から直線だと 30km ぐらい、道のりでも 35km 程しか離れていないのですが、鉄道で行こうと思うと直線的につなぐ路線がなくて、結構行くのが大変です。時間だけで言うと小田急、南武線などを細々と乗り継ぐのが早いのですが、新宿まで出てしまって西武に乗った方が 10 分ほど余計にかかるだけで乗換えが簡単になるので、新宿、池袋、西所沢経由で行きました。

私は関西出身なので、西武と言えば百貨店やライオンズが思い浮かび、企業としてのイメージカラーはどうしても青という印象があります。しかし西武の電車は黄色です。また、今の西武にはそういう印象はなくなってしまいましたが、以前はファッショナブルで洗練されたイメージがありました。しかし西武の電車に乗るたびに思うのですが、この黄色い電車のスタイルは、田舎っぽくて、全然洗練されていません。髭のようなステンレスの帯も、ドアの色だけ銀色であるところも、なんとも田舎っぽくて、私のような地方出身者としてはとても愛着を感じるスタイルである一方、「西武という企業はこんなんだったっけ?」と、すごく不思議な感じもします。

西所沢から西武球場前行きの電車
西所沢から西武球場前行きの電車

西武球場前駅のホームには「LIONS」の名前がペイントされていました。

LIONS とペイントされた西武球場前駅のホーム
LIONS とペイントされた西武球場前駅のホーム

西武ドームに来るのは、まだ近鉄バファローズがあった頃に、近鉄の応援に来て以来なので、5、6 年振りになるでしょうか。入ってびっくりしたのは、どうせ客が入らないとあきらめたのか、他の球場なら比較的高額な座席が設置されるはずの、ベンチの真裏にあたる部分が、4 フロアの売店と、優雅なテーブル付で収容人数の少ない座席に改修されていました。

スタンドの大きな部分を占める売店エリア
スタンドの大きな部分を占める売店エリア

この日は、球場側で見込んだ観客数よりかなり人が来ていたらしく、私が到着した 14:30 頃の時点で、メニューのほとんどが完売となっていました。

ほとんど商品の残っていない売店
ほとんど商品の残っていない売店

出発前に朝昼兼用のご飯を食べてきていたのですが、イベントとして何か買いたいなぁと思っていました。しかし、選択肢がほとんどなかったため、なんとも平凡なフィッシュバーガーを買いました。ちなみに、これ単品で 700 円です。むちゃくちゃ高いです。

フィッシュバーガー
フィッシュバーガー

この日のソフトボールのチケットは、前売りで 1,800 円と、プロ野球の試合よりかなり安いチケットです。しかもなんと全席自由席で、どの席に座っても自由です。バックネット裏のソファーのような高級なシートも座り放題です。と言っても空いてれば、です。私が到着した時点では、ほとんど埋まっていました。

バックネット裏のシート
バックネット裏のシート

フィールドシートも空いていれば座れます。こちらはガラガラだったので行って座って見ました。

フィールドシートからの眺め
フィールドシートからの眺め

しかし座るとすぐにガラガラである理由がわかりました。ソフトボールの場合は、球場の本来のフェンスより内側に、ファールグランドを区切る仮設フェンスを設置しているため、それが邪魔で、この座席だと試合がよく見れないのです。私もここでの観戦はすぐにあきらめて移動することにしました。周囲を見ていても、色々な人が座りに来ては、すぐにあきらめて出て行ってしまうという感じで、10 〜 20 人ぐらいは常時座っているのですが、ずっと座っている人はほとんどいないというような状況でした。

この仮設フェンスと、球場の本来のフェンスの間の部分は、選手がウォームアップなどを行うエリアとなっていて、準備をしている選手はすごく間近で見れます。そして、私がフィールドシートを立ち去ろうかと思っていた時に、ちょうど上野由岐子投手がウォームアップに出てきました。すぐ目の前で練習しているので、私の持っているようなコンパクトカメラでもかなり大きく写真に撮れました。

ウォームアップ投球中の上野由岐子投手
ウォームアップ投球中の上野由岐子投手

ウォームアップ投球で投げてます。黄色いボールが写っているのがわかるでしょうか?

ウォームアップ投球中の上野由岐子投手
ウォームアップ投球中の上野由岐子投手

上野由岐子投手の所属するチーム、ルネサス高崎のベンチには、なぜか大きなダルマが置かれていました。

ルネサス高崎のダルマ
ルネサス高崎のダルマ

フェンスには色々な選手の応援幕が張られていました。これは上野由岐子投手の応援幕です。似顔絵がいい感じです。

上野由岐子投手応援幕
上野由岐子投手応援幕

前の試合の終了が遅かったため、上野由岐子投手が所属するルネサス高崎の試合は、予定の 15:00 から 1 時間ほど遅れて試合開始となりました。対戦相手は佐川急便です。
写真は、熱投する上野由岐子投手です。

熱投する上野由岐子投手
熱投する上野由岐子投手

熱投する上野由岐子投手

熱投する上野由岐子投手

熱投する上野由岐子投手

熱投する上野由岐子投手

そして試合の終盤には、なぜか普段は打席に立たないはずの上野由岐子投手が、指名選手守備による打撃交代で打席に立ちました。試合後のインタビューによると 3 年振りぐらいの事で非常に珍しいことのようですが、上野選手自身は打席に立ちたくて、打撃の練習もして、監督へのアピールもしていたということです。打席での構えを見ると、なんだかホームランバッターっぽい大きな構えです。

打席に立つ上野由岐子選手
打席に立つ上野由岐子選手

結果はなんとツーベースヒットです。ヒットを打ったところで再度指名選手と交代しました。この場合ランナーのポジションは DH でよいと思うのですが、めったにない事にスコアボードの操作を行う人も混乱したのか、PR の表示になっていました。(私が無知なだけで PR で正しいのかも知れません)

試合は 2 安打完封、9 対 0 の勝利です。上野由岐子選手が投げて打っての大活躍で、気候もよくて、見に来てよかったと思えた試合でした。


posted by Okumura at 23:58 | | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

キャンプ座間さくら祭り

2009/06/30(火) 追記

キャンプ座間の花見で検索して来る人が多いようなので、最新情報についてのメモを追記します。

最新情報は横須賀基地公開フレンドシップデーのページを見てください。ページのタイトルは「横須賀...」ですが、横須賀に限定せず、キャンプ座間など他の基地も含めて、基地公開について情報が得られた場合に、その情報を追記しています。
2010/06/28(月)

2010 年も行ってきました。
自宅最寄り駅から 1 駅離れた相武台前駅の近くにある、米陸軍キャンプ座間の一般開放イベント、さくら祭りに行ってきました。

前回行こうとした時には、正面ゲートに行ったのですが、ものすごい行列で入場をあきらめました。今回は相武台前駅に近く、比較的空いているらしい 4 番ゲートを目指しました。

4 番ゲートの地図
キャンプ座間 4 番ゲート

ラッキーなことに、4 番ゲートにはほとんど人が並んでおらず、1 分と待たずに入場できました。

ほとんど行列がなかった 4 番ゲート
ほとんど行列がなかった 4 番ゲート

入場してから、さくら祭りの会場となっているあたりまで 10 分近く歩きます。会場となっているあたりに行くと、道路沿いに桜並木があって非常に綺麗です。

桜並木
桜並木

今日のお昼は、桜並木でピクニックの予定で来ました。到着したのはすでに昼過ぎだったので、まずは食べ物を入手すべく、フードコートを目指しました。フードコートにはけっこうな列ができていて、30 分ほど並びました。フードコートには、SUBWAY、POPeyes (ケンタッキーフライドチキンのような店)、Anthony's Pizza、BURGER KING があります。一番人気は飛びぬけて Anthony's Pizza で、次は人気に大差がありますが BURGER KING です。POPeyes にはほとんど人が並んでおらず、SUBWAY には誰も並んでいませんでした。しかし、フードコート自体への入場が行列になっているので、SUBWAY を買いたくても (ほとんどの人が Anthony's Pizza のために並んでいる) 大行列に並ぶ必要があります。ちなみにアンソニー・ピザは、このフードコートの店だけでなく、外にテントで臨時の店も出していて、そちらにも大行列ができています。2 番人気のバーガーキングのトリプル・スコアぐらい人気があります。
Anthony's Pizza は以前のイベントで食べたことがありますが、決して不味くはありませんが、特別美味しいというものでもありません。ホール (直径 40cm) で 1,890 円は確かに安いのですが、バーガーキングなどと比べてあれだけ人気の差が出る理由は、正直よくわかりません。

大行列のアンソニー・ピザ
大行列のアンソニー・ピザ

誰も並んでいない SUBWAY
誰も並んでいない SUBWAY

我々は 2 人ともバーガーキングのベーコン・ワッパー・チーズ・バリュー・ミール (810 円) を買いました。

バーガーキングメニュー
バーガーキングメニュー

ドリンクはアメリカのファストフードでよくある、カップだけ渡されて、自分で機械から注ぐ方式です。もちろんフリー・リフィルですが、ドリンク・リフィルのコーナー自体がフードコートにあるので、一度フードコートから出てしまうと、リフィルするためにまた 30 分並ばなければならないので、実際には 1 回きりしか注げません。といってももらったカップは 1L は入ろうかという大きなカップなので、1 回でも十分です。

ドリンク・リフィル・コーナー
ドリンク・リフィル・コーナー

食べるものを入手したので、先ほど目をつけていた場所へ戻ってピクニックです。

食事を入手してうれしそうな妻
食事を入手してうれしそうな妻

お花見中
お花見中

このお花見をしている桜並木のある道は、「5th Avenue」と言う道でした。

5th Avenue
5th Avenue

桜の下でワッパーを食べる妻
200904CIMG4083

バーガーキングは日本に再進出したので、米軍基地でなくても食べられますが、私個人としては久しぶりのワッパーです。やはり久しぶりに見ると大きいです。

ベーコン・ワッパー・チーズ
ベーコン・ワッパー・チーズ

ピクニックを終えてから、売店を見てまわったり、ピクニックした場所以外の桜を見てまわったりしました。
売店のテントは、基地の人がやっているものや、外部の業者がやっているものなどたくさん出ていましたが、売店の並んでいる場所やその周囲にもたくさん桜が咲いていてとても綺麗です。

売店の列の前も桜並木
売店の列の前も桜並木

売店は、飲食と物販で半々ぐらいだったでしょうか。

基地の人が出しているらしい店では、軍人さんなのであろう体格のよい外人さんがバーベキューグリルで肉を焼いていて、いかにも米軍基地のお祭りであるという雰囲気です。

イカつい外人さんがバーベキュー中
イカつい外人さんがバーベキュー中

鶏を何羽か串刺しにして、まわしながら丸焼きにしている豪快な店もありました。

鶏丸焼き
鶏丸焼き

こちらは Miller Lite というビールの売店で見かけたボトルです。このボトルにビールが入って 1,500 円で、リフィルは 800 円です。大人気で、ものすごい行列ができていました。ボトルは肩から提げられるように紐がついていて、これをぶら下げて歩いている人を大勢見かけました。これを提げてあるいていると、ものすごい呑ん兵衛っぽく見えて、面白かったです。

Miller Lite のボトル
Miller Lite のボトル

物販の店では、あまり見た記憶がないハリヤーのおもちゃを売っていました。見た時には「買おう」とまでは思わなかったのですが、今にして思えば買っておけばよかったかも知れません。

ハリヤーのおもちゃ
ハリヤーのおもちゃ

昨 2008 年 12 月の横須賀基地の一般公開でもそうだったのですが、オバマ大統領関連グッズもいくつか見かけました。写真の T シャツは完全な便乗商品「小浜」T シャツです。

オバマ (小浜) T シャツ
オバマ (小浜) T シャツ

こちらは「真面目な外人」T シャツです。これもその場では買おうと思わなかったのですが、買っておいて知人の外人にあげれば喜んでもらえたかも知れません。

真面目な外人 T シャツ
真面目な外人 T シャツ

PX (スーパー) は一般には開放されていないのですが、今回は PX フードコートの前にテントを出して、一部の商品を売っていました。Sun Chips も売っていました。

Sun Chips
Sun Chips

妻は Sun Chips が好きなので買いたかったのですが、レジがなぜかものすごい行列になっていたので、あきらめました。

フードコートの横には自販機が数台あるのですが、うち 1 台はお菓子の自販機です。m and m のロゴがど〜んとついていて、なかなかポップで面白いデザインです。

m and m 自販機
m and m 自販機

さらに基地内の散策を続けました。入場した人の多くは売店のテントがあるあたりに群がっていましたが、サッカーグランドやソフトボール場の方まで行くと人がほとんどいません。しかし、そちらの方の道沿いも桜並木になっています。花見をするなら、人の少ないそういった場所の方がよさそうな感じでした。ベンチがあるところもあったので、来年はこのあたりに来ようと思いました。

ソフトボールグランド前の桜並木
ソフトボールグランド前の桜並木

桜を愛でる奥村
桜を愛でる奥村

桜と妻
桜と妻

ソフトボール場は、アメリカのリトルリーググランドなどでよく見るのと同じように、外野フェンスにいっちょまえに広告がついています。よく見ると、そのうちの 1 つは、ソフトバンク・テレコムの広告でした。

ソフトボールグランドの SoftBank Telecom 広告 (中央)
ソフトボールグランドの SoftBank Telecom 広告 (中央)

さらにあちこちに咲く桜を見ながらぐるっとまわってジムがある通路から正面ゲート方面へ戻りました。正面ゲート入ってすぐの北東側には、相武台の碑がありました。米軍は伝統的に歴史を大事にするので、占領後も、こういった碑を破壊せずに保存しておいてくれています。

相武台の碑
相武台の碑

正面ゲートから入った場合にすぐに目につく場所には、鳥居があります。その周辺も桜があり、大勢の人がレジャーシートを広げてピクニックをしていました。

正面ゲート入ってすぐの鳥居と桜
正面ゲート入ってすぐの鳥居と桜

鳥居の近くにある東屋から見た桜
鳥居の近くにある東屋から見た桜

近くの建物前の屋外ステージでは、米軍の人が小さなブラスバンドを組んで演奏をしていました。スーザフォンを演奏する人の動きがノリノリで楽しそうでした。

米軍バンド
米軍バンド

基地を切通とトンネルで横断している市道新戸相武台線の切通部分には、いくつか橋がかかっていて、市道新戸相武台線を見おろすことができます。時々通る市道新戸相武台線から見あげているところを、基地の中から見るのは、ちょっと不思議な感覚です。

市道新戸相武台線
市道新戸相武台線

今年は入口の行列もなく、気温も若干低いものの寒すぎることもなく、楽しいお花見ができました。

帰りに小田急相模原へ戻る電車に乗るため相武台前駅のホームへ行くと、なぜかロマンスカーが停まっていました。回送だったのですが、特急どころか急行も停まらない駅に、一時的とはいえロマンスカーが停まっていたのはなぜだったのでしょうか。

相武台前駅に停車するロマンスカー LSE
相武台前駅に停車するロマンスカー LSE
posted by Okumura at 23:54 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 公園散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする