2008年11月23日

大山紅葉狩り

神奈川県伊勢原市の大山という山の中腹にある大山寺
(大山不動尊)、阿夫利神社下社へ、紅葉狩りに行ってき
ました。

まずは伊勢原へ行くということで、ブノワトンへ寄って
昼食のパンを買います。

そして大山ケーブル近くの駐車場へ向かいます。ところ
が紅葉シーズンのためか、大山ケーブルの駐車場まであ
と 4km ぐらいの、東名高速の下をくぐったあたりから
大渋滞で、そこからの 4km を進むのに、何と 1 時間
40 分ほどかかりました... 歩くより遅いペースで、実
際何人ものハイカーに追い越されました。

ブノワトンのパンは、紅葉を見ながら食べようと思って
買ったのですが、待ちきれずに渋滞で停まっている間に
少しずつ食べました。

ポークストロガロフ
ポークストロガロフ

クレープの手づくりタルタルエッグサンド
クレープの手づくりタルタルエッグサンド

シーフードスパニッシュオムレツのサンド
シーフードスパニッシュオムレツのサンド

ブルーベリークリームチーズタルト
ブルーベリークリームチーズタルト

気まぐれカスター
気まぐれカスター

途中大山小学校グランドが臨時駐車場になっていました
が、その駐車場へ入るところにもすごい車の列が出来て
いました。臨時駐車場へ入れる交差点に立っていた係り
の人に「臨時駐車場は空きが出ますか?」と聞いたとこ
ろ「どこも同じ。地獄やわ」という返事だったので、同
じなら近いところまで行くかと、臨時駐車場は見送っ
て、市営駐車場を目指しました。しかしすぐにこれは間
違いだと気付きます。なぜなら大山小学校の臨時駐車場
からバスの終点大山ケーブルまではシャトルバスが往復
していて、そのバスは、交通整理により対向交通を一時
的に止めて確保された右側車線を走って行くのです。
我々が駐車場へ着くまでに何台かのシャトルバスに追い
越されてしまいました。

そうはいいながらも第一駐車場まで到着しましたが、な
かなか出てくる車がなくて、駐車場入口で待っている
と、おばちゃんがトコトコ寄ってきて、「うちの駐車場
は停められるけど、使う?」と話しかけてきました。旅
館目黒というところの人でした。いくらか聞くと 1 回
1,000 円でした。市営駐車場でも 600 円取られるの
で、待つよりいいかと思って旅館目黒さんの駐車場にお
世話になることにしました。

旅館目黒駐車場
旅館目黒駐車場

そこから車道を 500m ほど歩くと大山ケーブルバス停で
す。そこからはさらに参道の階段が続きます。参道の両
側には昭和の薫り漂うお土産物屋さんや、名物の豆腐や
ぼたん鍋 (いのしし鍋) などを売りにする食堂や旅館が
建ち並んでいます。

昭和の薫り漂う参道
昭和の薫り漂う参道

幅のあまり広くない階段の多い参道ですが、人が一杯い
て大混雑でした。

混雑する参道
混雑する参道

ようやく大山ケーブル駅に到着しましたが、ケーブル
カーの入口も大行列です。駅の人に聞くと 30 分待ちと
言うことだったので、歩くと 20 分ほどという大山寺ま
で歩いて登ることにしました。途中男坂と女坂の分岐が
あり、「らくらく女坂」という道を進んだのですが、決
して「らくらく」ではなくて、けっこう大変な坂道や、
急な階段が続きます。かなりへばったのですが、大山寺
まであと少しというところの階段の所まで来ると、すば
らしい紅色に染まった紅葉の並木が、トンネルのように
なっていて、来た甲斐があったと思わせてくれました。

紅葉のトンネル
紅葉のトンネル

階段を登らず、階段に向かって少し右手の方へ行くと、
紅葉を背景に撮影しやすい良いポイントがありました。

紅葉と妻
紅葉と妻

紅葉と奥村
紅葉と奥村

大山寺に参拝後、2 枚 300 円のかわら投げをしまし
た。

かわら投げに挑む奥村
かわら投げに挑む奥村

上の写真の場所から見下ろすと、少し離れた、下の方の
木の間に茅ノ輪があり、かわらを投げて、その中を通す
と願いがかなうそうです。

目標の茅ノ輪
目標の茅ノ輪

奥村のかわら投げの結果は、2 枚とも茅ノ輪より遠くへ
は飛ばせましたが、左の方へ大きくはずれてしまいまし
た。

大山寺からは、ケーブルカーで阿夫利神社下社を目指し
ます。

ケーブル乗場へ向かう途中、「いいじゃん大山」という
イカした幟を見つけました。「じゃん」ってことは、ハ
マっ子ってことなんでしょうか? それとも神奈川では横
浜以外でも語尾に「じゃん」と付けるのが一般的なので
しょうか?

いいじゃん大山
いいじゃん大山

大山寺駅は中間駅なので、さすがに行列にはなっ
ていませんでした。

大山ケーブル大山寺駅
大山ケーブル大山寺駅

大山寺駅へ到着するケーブルは通路にも人が立っている
ような乗車率ですが、大山寺駅でけっこう降りるおかげ
で、駅で待っていた人は乗ることができます。しかし、
駅で待っていた人が乗りが終わると、やはり通勤電車の
ような混雑に戻ってしまいます。

通勤電車のように混雑する大山ケーブル車内
通勤電車のように混雑する大山ケーブル車内

時期にもよるのでしょうが、私が行った今日
2008/11/23(日) に関して言えば、阿夫利神社周辺の紅
葉は、大山寺の階段付近と比べると正直大したことはな
くて、紅葉狩り目的なら、大山寺まで上がれば OK で、
阿夫利神社まで上がってくる必要はなかったような気が
しました。しかし、これは来て見なければわからなかっ
たことなので仕方ありません。

あと、阿夫利神社付近には、少し下ったところにしかト
イレがないのですが、私が行った時には水が全く流れな
くなっていて、かなりヒドい状態になっていました。水
洗の水だけでなく、手洗い場の水も出なかったので、機
械的な故障ではなく、水の供給源がおそらくタンク式
で、それを使い切ってしまっていたのではないかと思い
ます。たぶん普段はこんなに人が来るところではないの
で、想定外の利用頻度で使い切ってしまったのだと思い
ます。今後行かれる方は、上ではトイレに行けないと
思って、ケーブルカーに乗るまでにトイレを済ましてか
ら行った方がよいと思います。

阿夫利神社にお参りをしていると、もう暗くなってきま
した。今週、来週と大山寺と阿夫利神社付近の紅葉のラ
イトアップが行われます。ライトアップまで見ていくつ
もりはなかったのですが、渋滞で到着が遅くなった事
や、ケーブルにすぐ乗る予定だったのが、大山寺まで歩
いた事などで、ライトアップされる時間まで居残ってし
まうことになりました。

ライトアップされた紅葉
ライトアップされた紅葉

下りのケーブルカーは 20:00 までやっているので最終
に乗り遅れるというような心配をする時間では全くない
のですが、登ってくる時の駅以上の大行列になっていま
す。駅から続く行列が、阿夫利神社正面の大階段の登り
口にまで続いていました。我々が並んだ後も列は伸びて
いて、途中で振り返ると、階段の登り口からさらに先
の、中段ぐらいまでになっていました。我々は、並び始
めてから 1 時間弱ぐらいで、ようやくケーブルカーに
乗ることができました。

ケーブルカーを降りて、来た参道の階段を下ります。土
産物屋などがある参道の途中から、行列が出来ていま
す。この大行列は、なんと、伊勢原駅北口行のバスを待
つ人の列でした。ここから待つとすると、バスに乗るま
で 1 時間以上かかるのではないでしょうか...

参道の途中から続くバス待ちの大行列
参道の途中から続くバス待ちの大行列

私は最初、渋滞するだろうし、小田急の往復とバス、
ケーブルを含んだ安くなる切符もあることから、電車 +
バスで行こうと考えていたのですが、妻がブノワトンに
寄りたいということで車に変更しました。往路で駐車場
までの渋滞はありましたが、この列を見て車で来ておい
て正解だったと思いました。大山小学校の臨時駐車場に
停めておけば、もっとよかったと思います。ちなみに大
山小学校の臨時駐車場行きシャトルバスには、全く行列
はありませんでした。

ということで、紅葉を見に行ったというより、大渋滞に
ハマりに行って、さらに人の行列を見に行ったという感
じの 1 日でした。
posted by Okumura at 23:20 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 公園散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

明日の神話

少し前から岡本太郎の「明日の神話」の設置工事が渋谷
駅で行われていましたが、一昨日 2008/11/17(月) から
幕が取り除かれ、公開が開始されました。

ということで、通勤の帰りに普段は JR 渋谷駅へ直接向
かうところを、マークシティの階段から登って井の頭線
と JR 駅との連絡通路の壁面に設置された明日の神話を
見てきました。

渋谷駅に設置された明日の神話
渋谷駅に設置された明日の神話

この作品は今年 2008 年の年初に東京都現代美術館で公
開されていました。私はわざわざこの作品を見るためだ
けに 2008/02/02(土) に東京都現代美術館へ行ったので
すが、なんと臨時閉館期間で見ることができませんでし
た。当時はこんな簡単に見れる場所に設置されるとは思
いもしませんでした。

今日 2008/11/19(水) は、まだ公開されたばかりという
こともあってか、通りがかりに、立ち止まって写真を
撮ったりしている人が 20 〜 30 人ほどいました。時間
が遅くてじっくり見れなかったので、会社を早く帰れた
日にでも、再度ゆっくり見に行こうと思います。

posted by Okumura at 23:59 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする