2007年02月25日

さよなら特急東海・清水 & 岳南鉄道ツアー

東海道新幹線と平行して走るという、ある意味無謀な設
定の昼行特急「東海」が、やはりというか、乗車率低迷
のため 2007/03/17(土) を最後に廃止となることが決ま
りました。最終日はそれなりの混雑が予想されるので、
少し早い 2007/02/25(日) に、さよなら乗車をしてきま
した。ついでに以前より乗りたいと思っていた岳南鉄道
に乗ってきました。
なんとこの鉄オタな旅に、妻も同行してくれました。

乗車は「東海」らしく、平塚からです。

もう見れない平塚駅での「特急」発車案内表示
もう見れない平塚駅での「特急」発車案内表示

ホームに「東海」が入線してきました。

入線する東海
入線する東海

ホームの東海乗車位置を示すペイント (これは平塚駅で
はなく、復路の熱海駅で撮影)
ホームの東海乗車位置を示すペイント (熱海駅)

平塚駅で駅弁を買いました。妻はこゆるぎ茶めし、私は
普通の幕の内弁当です。

妻のこゆるぎ茶めし
妻のこゆるぎ茶めし

私の幕の内弁当
私の幕の内弁当

妻は、私が平凡な幕の内弁当を選んだことに不満なよう
でした...

出発すると東海道本線を下ります。小田原をすぎてしば
らくすると、左手に相模湾が見えて来ます。このあた
り、東海道新幹線は東海道本線それほど変わらないルー
トを通っていますが、少し山側で、ほとんどがトンネル
であるため、熱海駅近く以外はほとんど海が見えないの
に対して、東海道線は海がよく見えて、車窓の風景はな
かなかいい感じです。

車窓に広がる相模湾
車窓に広がる相模湾

東海は 6 両編成で、1 号車、2 号車だけが指定席車両
です。2 号車は喫煙車両なので、禁煙指定席を買うと、
必ず 1 号車、下り列車での先頭車両に乗ることになり
ます。車両は JR 東海の共通仕様といえる「ワイド
ビュー」タイプで、運転席の後ろの仕切りにガラスが多
用され、前方の光景が良く見えます。

先頭車両前方デッキ部からの見晴らし
先頭車両前方デッキ部からの見晴らし

そして東海道線のこの区間の車窓のハイライトである富
士山もよく見えます。この日は天気にも恵まれて、本当
にいい感じで見えました。

東海車窓からの富士山 (富士駅付近)
東海車窓からの富士山

由比駅を通過直後、ずっと右側の車窓に見えていた富士
山が、一瞬だけ左手、海越しに見えるポイントがありま
す。左手を振り返って見ると、富士山がいます。ここも
なかなかいい感じですし、東海道新幹線からは見えない
風景でもあります。

東海車窓からの富士山 (由比駅付近)
東海車窓からの富士山

そんな感じで静岡に到着しました。

ホームでは (私も含め) 鉄オタな方々が写真を撮ってい
ました。

東海のヘッドマーク (静岡駅)
東海のヘッドマーク

東海を撮る鉄オタの方々
東海を撮る鉄オタの方々

東海さよなら乗車を終えた我々は、さらに鉄オタな旅を
続けます。新清水へ移動して、静岡電鉄 (しずてつ) に
乗車です。しずてつは新静岡〜新清水わずか 11km を結
ぶ私鉄です。JR 東海道本線とも平行していて、それだ
け聞くと存続も危うい鉄道という印象ですが、実際に行
くと、全線複線電化、IC カード非接触自動改札機、6
分間隔で列車を運転と、都市型の鉄道の特徴を持ってい
るというちょっとユニークな鉄道です。

首都圏の PASMO 導入以前から導入されている非接触 IC
カード対応自動改札機
首都圏の PASMO 導入以前から導入されている非接触 IC カード対応自動改札機

終点の新清水まで乗車後、JR 清水駅前の観光案内所で
情報収集をするため、JR 清水駅まで徒歩で移動しまし
た。観光案内所ではあまりいい情報は得られませんでし
た...
駅の裏口 (東口) 側には公園があり、なにやらでっかい
ワッカが設置されています。駅の建物の近くからは、写
真のようにそのワッカを通して富士山が見えるのです
が、手前の店舗が富士山にかかってしまっているし、公
園の中まで行って正面から見ると富士山は全然ワッカに
入りません。ちょっと謎の公園でした。

謎のワッカ
謎のワッカ

昼食場所としては清水駅から海側に少し行ったところに
ある「河岸の市」を考えていたのですが、行って見ると
一番評判の店はすごい行列で、他の店はいまいちな感じ
だったので、エスパルスドリームプラザへ移動して、そ
こにある清水すし横丁の回転鮨「魚がし」に行きまし
た。

魚がしのカウンターで厳しい目でネタを見る妻
魚がしのカウンターで厳しい目でネタを見る妻

今回食べたお寿司の数々

アンコウ肝だったかな?
今回食べたお寿司 - アンコウ肝

トロ
今回食べたお寿司 - トロ

炙り鮨三点盛り
今回食べたお寿司 - 炙り鮨三点盛り

トロ・サーモン
今回食べたお寿司 - トロ・サーモン

カツオ (だったかな...?)
今回食べたお寿司 - カツオ

何か忘れました...
今回食べたお寿司

これも忘れました...
今回食べたお寿司

これも忘れました...
今回食べたお寿司

炙りサーモンいくらこぼし
今回食べたお寿司 - 炙りサーモンいくらこぼし

なかなか美味しく食べることができました。でも魚が
しって、沼津の店なんですよね... 清水に行って、沼津
の店の寿司を食べるというのはちょっと不思議な感じで
す。

昼食後は JR 東海道線の普通列車で吉原へ移動し、岳南
鉄道に乗車です。この鉄道は吉原から岳南江尾まで、わ
ずか 9.2km の路線です。全線電化されていますが、単
線で、路線はなぜかわからないほどくねくねしていて、
工場の敷地の間を縫うように走っていきます。終点の岳
南江尾の近くに特にこれといった施設があるわけでもな
く、なぜここに鉄道があるのか非常に不思議です。

吉原駅に入線してくる岳南鉄道の電車
吉原駅に入線してくる岳南鉄道の電車

岳南鉄道では、乗車中、車窓から、ほとんどずっと富士
山が見えています。のんびり、富士山をみながら列車に
ゆられる、ただそれだけでなかなか楽しいものです。

終点の岳南江尾駅
終点の岳南江尾駅

江尾駅のホームからは東海道新幹線の高架が見えます。
私はこの鉄道に乗ること自体が目的で来たので、駅から
離れることなく、乗ってきた車両が折り返す列車に乗っ
て戻ったのですが、その列車を待っている間だけでも、
東海道新幹線の列車が数本、この高架の上を通過してい
きました。東京〜大阪という距離感で移動する列車の方
が、生活路線であるこの列車よりも運転頻度が高いとい
うことです。そういう事も含めて、高架をくぐる岳南鉄
道と、高架の上を走る東海道新幹線のコントラストがと
ても不思議な光景です。

岳南江尾駅ホームから見る新幹線の高架
岳南江尾駅ホームから見る新幹線の高架

私が子供の頃に鉄道を好きになった理由の一つには「こ
の線路に乗って行くと、知らないところへ行くことが出
来る」という思いもありました。(もちろんそれだけで
はありませんが) しかし、岳南鉄道にはそれがありませ
ん。岳南江尾駅の最寄り JR 駅は 1km ほど南にある東
田子の浦駅ですが、この駅は岳南鉄道始発駅の吉原から
は、JR 東海道本線では 1 駅隣に過ぎません。
今年度 2006 年度は「東海」が廃止になっただけでな
く、いくつかの地方鉄道が廃止になるなど、鉄な人々に
とって、少し寂しい 1 年間でした。岳南鉄道もいつか
なくなってしまうのでしょうか。最近あまり「乗り」に
行っていないので、このような鉄道にもっと乗っておか
なければ、という思いを強くする旅の 1 日でした。(妻
はそうは思っていないでしょうが...)

posted by Okumura at 23:21 | ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

2007 年恒例道志道ツアー & 航空部同期旅行

# 長いよ...

# 記事にするのが遅れましたが、この記事で書いている
# のは 2007/02/10(土) 〜 2007/02/12(月・振) の出来
# 事です。

毎年恒例となっている道志道旅行と航空部同期旅行に
行ってきました。

--------------------------------------------------

2006 年の道志道旅行

2005 年の航空部同期旅行

--------------------------------------------------

例年通り道志道を山梨方面へ向かいます。そして例に
よって道の駅どうしで昼食です。

今年も妻が作ってくれたおにぎりがあります。そして現
地ではポトフを買いました。

おにぎりとポトフ
おにぎりとポトフ

道の駅どうしには、河童がいました。

河童
河童

おなかを満たしたところで、道志道をさらに西へ進み、
山中湖へ到着です。去年とは違う宿ですが、今年も山中
湖北岸にあるペンションを予約しました。宿の駐車場に
ビッキーを置いて、湖岸へ降りました。

湖岸に佇む妻
湖岸に佇む妻

あそこに富士山があるはずなのになぁ、と見つめる奥村
あそこに富士山があるはずなのになぁ、と見つめる奥村

食事の時間までは少し間があるので、花の都公園という
ところへ行ってきました。

花の都公園地図
花の都公園

シーズンオフで、屋外の広大な花畑にはほとんど何も咲
いていませんが、大きな温室があり、その中には色々な
花が咲いています。そしてシーズンオフの冬の間は、な
んと入場無料となっていました。(駐車場 300 円は有料
です)

温室は思ったより充実していて、無料であるのが申し訳
ないぐらいです。人は全然いませんでしたが... もった
いない話です。

色々花はあったのですが、一番印象に残ったのは、この
この鳥の頭のような形の花です。ストレリチアという花
らしいです。

ストレリチア
ストレリチア

温室以外に、2F には簡単な展示施設がありました。こ
こにはパソコンを使っているらしいクイズコーナーがあ
り、植物クイズに挑戦できます。

植物クイズに挑戦する奥村
植物クイズに挑戦する奥村

植物クイズに挑戦する妻
植物クイズに挑戦する妻

私の成績は 10 問中 9 問正解でした。妻の成績は秘密
です。

入口にはイカしたライドもありました。

ライドを楽しむ奥村 (39 歳)
ライドを楽しむ奥村 (39 歳)

無料とは思えない充実した時間を過ごして宿に戻りまし
た。今回の宿はオーベルジュ秋桜 (こすもす) (リンク
先のサイトは音が鳴ります) という宿です。オーベル
ジュというのは食事を売りにする宿なので、食事が非常
に楽しみです。

お風呂は、民家の風呂の倍程度の大きさの浴室が 2 つ
あり、自分で内側からカギをかけて先着順で貸切となる
システムです。眺望はありませんが、目の前に緑が植え
られているので、明るい内に入ってしまいました。

そして夕食です。

アミューズはマグロ
アミューズはマグロ

パンはカリカリで、しかも温かくしてサーブされました
パンはカリカリで、しかも温かくしてサーブされました

鴨肉料理だったかな? (時間が経ったので忘れてしまい
ました...)
鴨肉料理だったかな?

ホタテ。わさびベースの独特なソースで、非常に美味し
いです
CIMG0115

メインの前、口直しのシャーベット
メインの前、口直しのシャーベット

メインはステーキ。付け合せは珍しいサツマイモ系のイ
モ料理です。甘みがあり、おいしくいただけました
メインのステーキと、サツマイモ料理

デザート。この大きさの写真ではわかりにくいですが、
金色の飴で綺麗に飾り付けされています
デザート

幸福な夕食の時間でした。

翌朝起きると、前日の曇り空とは一転、快晴です。前日
は真っ白にしか見えなかった部屋の窓からの景色です
が、ごらんのように目の前に富士山、その手前に山中湖
が見える、すばらしい景色です。

オーベルジュ秋桜客室からの眺望
オーベルジュ秋桜客室からの眺望

そして、これまた楽しみな朝食をとりに食堂へ降りてい
くと、食堂の窓からも富士山がよく見えました。

食堂の窓から見える富士山
食堂の窓から見える富士山

窓の外と室内の明るさが違いすぎて、部屋の明るさで露
出を合わせると窓の外が真っ白に飛んでしまい、せっか
くの富士山が見えません。窓の外に露出調整するとこん
な感じで室内が薄暗い感じで写ってしまいましたが、実
際は明るい部屋です。

朝食は和風です。食堂に行くと、焼きサケ、玉子焼き、
煮物、ヨーグルトなどが既に用意されていました。

朝食のおかず
朝食のおかず

席に着くと、ご飯と味噌汁を出してくれました。

朝食のご飯と味噌汁
朝食のご飯と味噌汁

朝食も非常においしくて、もりもり食べてしまいまし
た。

今年の道志道旅行は、引き続いて航空部同期旅行に参加
するため、宿を出ると、今年の同期旅行の宿のある焼津
へ向かいます。といっても時間はあるので、色々寄り道
しながらの旅です。

まずは例年と同じ山中湖北岸の長池親水公園で記念写真
です。今年はオーストラリアから連れ帰ったカンガルー
のルー次郎と、富士山を一緒に撮ってみました...

長池親水公園地図
長池親水公園

富士山を眺めるルー次郎
富士山を眺めるルー次郎

続いては、ビッキー Jr. のマスコット、ふじちゃんと
富士山です。

富士山を眺めるふじちゃん
CIMG0171

上野写真だと「眺める」がよくわかりませんよね... 実
はふじちゃんにはちゃんと顔があるのです。

ふじちゃんと富士山
ふじちゃんと富士山

妻と私の記念写真も撮ってきました。

富士山と妻と私
富士山と妻と私

長池親水公園には、スーパーセブンが停まっていまし
た。カッコいいですねぇ。ちょっと寒そうですが。

スーパーセブンと富士山
スーパーセブンと富士山

山中湖からは、富士山の北〜西をぐるっとまわって静岡
方面へ抜ける計画です。途中での食料として、山中湖南
岸にある手作りパン屋さん Saint Julien という店で、
温泉パンを買いました。素朴な感じですが、これもなか
なか美味しいものでした。

山中湖名物温泉パン
山中湖名物温泉パン

山中湖をあとにして、河口湖畔へ進みます。河口湖の横
には、童話で有名なカチカチ山があります。この山は
ロープウェイがかかっていて簡単に山上へ上れます。河
口湖へは何十回も来ているのですが、このロープウェイ
には乗ったことがなかったので、今回はじめて乗ってみ
ました。

カチカチ山 (本当の名前は天上山) の山頂から見る富士
山も雄大でいい感じです。

カチカチ山の山上から見る富士山
カチカチ山の山上から見る富士山

カチカチ山の童話って覚えてますか? タヌキを捕まえた
おじいさんが、お婆さんにタヌキ汁を作るように言うの
ですが、タヌキが逆にお婆さんを殺してしまい「ババア
汁」を作っておじいさんに食べさせてしまいます。それ
を見たウサギがタヌキの背負った薪に火をつけたり、そ
の火傷の跡に薬と言って辛子を塗ったり、タヌキを泥舟
に乗せて溺れさせたりするという、ちょっと残酷な話で
す。(日本の昔話の元のストーリは、ほとんどのものが
残酷で、この話が特殊なわけではありません)

カチカチ山には、この物語に登場するタヌキとウサギが
あちこちに居ます。

トイレではカチカチ山のタヌキさんが捕まってました
トイレではカチカチ山のタヌキさんが捕まってました

展望台では、タヌキの火傷の跡にウサギが辛子を塗って
ました
展望台では、タヌキの火傷の跡にウサギが辛子を塗ってました

お婆さんを殺したタヌキが悪い奴なのですが、この話は
寓話としてはそのように単純に捉えるのがよいわけでは
なくて、太宰治はタヌキに肩入れして作品を書いたりし
ているわけです。これらの人形は太宰の作品の影響で、
どちらかというとウサギが悪い奴という印象を受ける造
形になってます。

カチカチ山を下りてから、スワンボートに乗りました。
スワンボートは日本だと本当にあちこちの湖で見ます
が、外国では見ませんよね...

スワンボートに乗り込む妻
スワンボートに乗り込む妻

カチカチ山やスワンボート乗り場のある河口湖東岸の陸
地からは富士山の姿は見えませんが、スワンボートに
乗って少し沖へ出ると、富士山が見えてきます。

スワンボートから見た富士山
スワンボートから見た富士山

上の写真は雲が湧いていてちょうど見難い感じになって
しまっていますが、写真のど真ん中あたりに富士山が
写っています。

スワンボートを降りると、目の前にはちみつ屋さんがあ
り、はちみつソフトクリームを売っていたので、食べて
みました。すごくはちみつっぽいというほどではありま
せんでした。

はちみつソフトクリームを手に満足気な妻
はちみつソフトクリームを手に満足気な妻

はちみつソフトクリームを食べる奥村
はちみつソフトクリームを食べる奥村

河口湖から、湖北ビューラインを通って西を目指しま
す。そして精進湖北岸の県営駐車場で、先ほど買った
パンを食べつつ休憩です。湖岸にも少し下りてみまし
た。

精進湖湖岸にあったジェットヘリコプター型ボート
精進湖湖岸にあったジェットヘリコプター型ボート

焼津目指してさらに進みます。道の駅朝霧高原で次の休
憩です。ここは道の駅の建物から少し離れたところの丘
が富士山を見る展望台になっています。展望台の手前の
階段を上る時点で、階段の先に富士山の山頂付近が見え
ています。

階段の先に富士山の山頂が見える
階段の先に富士山の山頂が見える

階段を上りきれば、この絶景です。

道の駅朝霧高原展望台からの富士山
道の駅朝霧高原展望台からの富士山

道の駅の建物の中の休憩スペースからも富士山がどど〜
んと見えてます。

道の駅朝霧高原休憩室からの富士山
道の駅朝霧高原休憩室からの富士山

ここでは肉まんを食べました
ここでは肉まんを食べました

その後富士宮道路、西富士道路、東名と経由して焼津へ
到着しました。今日の宿は焼津ホテルです。
ホテルの建物からは焼津港が目の前に見え、その先を良
く見ると、富士山が見えていました。(この写真でわか
るでしょうか...?)

焼津港の先に見える富士山
焼津港の先に見える富士山

毎年秋に行っている航空部同期との旅行ですが、今年は
幹事がダラダラしていたために年を越してこの時期に
なってしまいました。

同期の中原とオセロ勝負 (私はシロです)
同期の中原とオセロ勝負

温泉に入ってから夕食です。

餃子鍋
餃子鍋

刺身
刺身

何と言う料理でしょうか?
何と言う料理でしょうか?

和風のコースの途中で、なぜかステーキ
和風のコースの途中で、なぜかステーキ

魚の煮付け
魚の煮付け

かき揚げ
かき揚げ

カニ・シュウマイ
カニ・シュウマイ

お寿司
お寿司

おすまし
椀

デザート
デザート

夕食は、味は... まぁ、悪くはないし、不味いものがあ
るわけではありませんでしたが、とりたてて美味しいと
いうわけでもありませんでした。ボリュームはものすご
くて、満足感はあるかも知れません。

あとはダラダラしゃべったりして寝るだけです。2 年前
までは独身者が私を入れて 3 人いたのですが、去年か
らは独身者が 2 人になりました。ということで、この
野郎 2 人は、ツインの部屋にむさくるしく泊まってい
ます。

むさくるしい野郎部屋
むさくるしい野郎部屋

朝食はこんな感じ。右上のコンロは、玉子を自分で焼く
ためのものです... こういうシステムは初めてです。他
の人は目玉焼きを作ってましたが、私はスクランブル
エッグを作りました。

朝食
朝食

初日は集合して、晩御飯食べるだけなので、2 日目にイ
ベントのメインがあるわけですが、子供連れが多いため
に子供をいかに遊ばせるかが主目的となっています。今
回はディスカバリーパーク焼津というところへ行きまし
た。


This section was added at Jun. 22, 2009 as a response for a link from SweetSdesu - International SweetS Fan-Community View topic - GISS planetarium BBS.

Hello sweetbene, I reviewed your post and the PV. Yes, you are correct. That is the Discovery Park Yaizu. The closest interchange (outlet of freeway) is Yaizu or Yoshida. If you go from Tokyo, Yaizu I.C. is 2nd next I.C. from Shimizu I.C. where they got off from Tomei freeway. I'm not sure why they got off from the freeway at Shimizu while they were going to Yaizu at last.

If you have any qestion how to get there by car or by public transportation, please write me. I can help you.


プリウス登場。みんな興味深げに見てました
プリウス登場。みんな興味深げに見てました

ふみ石健康遊歩道を歩いてみました。足ツボを刺激する
石が並んでいるところを、はだしで歩きます。厳し
い...

足ツボが痛そうなオヤジと、平気そうな子供
足ツボが痛そうなオヤジと、平気そうな子供

中野も痛そう... 不健康なのか?
中野も痛そう...

海岸からは富士山がうっすら見えました
海岸からは富士山がうっすら見えました (ズームアップ)

ズームしないとこんな感じです。これでも肉眼だとけっ
こうはっきり見えます
海岸から見た富士山 (引き)

ディスカバリーパーク焼津では鉄道模型展開催中
ディスカバリーパーク焼津では鉄道模型展開催中

子供向けの鉄道のおもちゃで遊んでいたら、子供にから
かわれました...
子供向けの鉄道のおもちゃで遊んでいたら、子供にからかわれました...

ディスカバリーパークではプラネタリウムに入りました
が、私は上映時間のほとんどを爆睡してしまいました。
プラネタリウムの椅子はすごく背が倒れてベッドのよう
になるので、寝るには非常にいい感じです...

その後、ディスカバリーパーク横の遊具のある公園で子
供を遊ばせたりして、まったりと過ごします。

ディスカバリーパーク横の公園
ディスカバリーパーク横の公園

最後に焼津さかなセンターへ移動しました。

焼津さかなセンターのまぐろ街道。すばらしいネーミン
グですね
焼津さかなセンターのまぐろ街道

マグロの串焼き
マグロの串焼き

マグロのカマ焼き
マグロのカマ焼き

昼食は、焼津さかなセンターで個々に好きなものを買っ
てきて、真ん中にある広場で食べました。

我々はお寿司。酢飯が苦手だったのですが、私も大人に
なったのか、最近だいぶ食べれるようになってきました
奥村家の昼食のお寿司

悪食長葭は、なにやら黒いソフトクリームを食べていま
した。イカ墨アイスか何かでしょう。

イカ墨と思われるソフトクリームを手ににこやかな長葭
イカ墨と思われるソフトクリームを手ににこやかな長葭

以上、道志道 & 焼津旅行でした。

# 長くて疲れた... 読むのも疲れたと思いますが...
posted by Okumura at 23:20 | ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

横濱カレーミュージアム

この週末は、今年 2007 年の 3 月に閉館になることが
発表された横濱カレーミュージアムに行ってきました。

相模原から保土ヶ谷バイパス、国道 1 号経由で横浜市
内へ行き、横浜カレーミュージアム提携のタイムズス
テーション横浜関内に停めて、横濱カレーミュージアム
へ向かいます。
駐車場は提携と言っても 200 円分を割り引いてくれる
だけで、タダにはなりません。

横濱カレーミュージアムは、イセザキモールに関内駅側
から入ってすぐの、パチンコ屋さんの 7F、8F にありま
す。

カレーミュージアム外観
カレーミュージアム

入館無料ですが、エレベーターに乗る前や、降りた直後
にはインド風の衣装を着た案内係の人が配置されていた
りして、けっこうちゃんとしています。

エレベーターを降りたところの案内係
エレベーターを降りたところの案内係

館内はフードテーマパークで、明治期の日本と、インド
をイメージしてプロデュースされたと思われる内装に
なっています。考証的に正しいかどうかは、私にはわか
りませんが、カレーを食べる雰囲気を盛り上げるにはい
い感じだと思いました。

館内の様子
館内の様子

館内にはいくつもの店舗がありますが、食べられるお腹
は決まっているので「お試しサイズ」で食べ歩きます。
どの店も並んでいましたが、最初は目をつけていた店の
うち行列が短かった「琉球カリー」に入りました。20
分待ちという表示でしたが、実際には 10 分と待たずに
入れたと思います。ここでは「沖縄角煮 (ラフテー) カ
レー」のお試しサイズを食べました。

沖縄角煮 (ラフテー) カレーお試しサイズ
沖縄角煮 (ラフテー) カレーお試しサイズ

普通に美味しいのですが、もう少し角煮を生かしている
といいかなぁと思いました。

次はフードコートにある横濱フレンチカレーの店という
店に入ります。フードコート自体にも行列ができていて
20 分待ちの表示です。こちらはも 10 分ぐらいで入れ
た気がします。食べたのは「横浜フランスロワイヤル
ビーフカレー」の、やはりお試しサイズです。

横浜フランスロワイヤルビーフカレーお試しサイズ
横浜フランスロワイヤルビーフカレーお試しサイズ

このカレー、Web で見ていたレギュラーサイズと、我々
が食べたお試しサイズではモノが違うようです。本来ご
飯にはナスのポタージュがかかり、ごぼうの炊き込みラ
イスになっているはずなのですが、どう見ても普通の白
ご飯で、かかっている白いものも、ナスのポタージュと
はとても思えない、何かホワイトソースを泡立てたよう
な不思議なものです。もっとフレンチな感じのカレーら
しくないカレーを期待していたので、がっかりしまし
た。

次は、伽哩本舗に入ります。40 分待ちの表示で、実際
30 分ぐらいは待ったように思います。食べたのは「お
母さんの焼きカレー」と、「焼きカレー (国産ビー
フ)」にナスのトッピングです。お母さんの焼きカレー
にはレギュラーサイズしかなく、また普通の焼きカレー
のお試しサイズは、なんと具が肉なしなので、どちらも
レギュラーサイズを頼みました。

お母さんの焼きカレーレギュラーサイズ
お母さんの焼きカレーレギュラーサイズ

焼きカレー (国産ビーフ) レギュラーサイズ
焼きカレー (国産ビーフ) レギュラーサイズ

2 枚目の写真でもわかると思いますが、玉子を乗せて焼
いてある、その玉子の半熟具合がとてもいい感じです。
今回食べたカレーの中で、この店のカレーが一番美味し
く感じました。

これで事前に目をつけていた 3 店を食べ終わりまし
た。最初に入った琉球カリーで「タコスカレー」という
のを見かけて、それも食べに戻ろうかと妻と話し合って
いたのですが、ここで満腹してしまい、断念しました。

最後に売店に寄りました。ここの売店には全国から集め
られたレトルトカレーが何種類も売られています。

レトルトカレーがいっぱい
レトルトカレーがいっぱい

私が手にとって見ているのは「松阪牛ビーフカレー」で
す。他にも面白そうなものもあったのですが、そういっ
た地域性のあるカレーではなく、横濱カレーミュージア
ムブランドのカレーを買いました。

また、この売店では「カレー風呂」という入浴剤を売っ
ていました。私は買おうと言ったのですが、妻に止めら
れてしまいました...

カレー風呂入浴剤
カレー風呂入浴剤

最後に入口前で顔ハメを発見したので撮っておきまし
た。この写真はよい記念になりそうです。

横濱カレーミュージアム顔ハメ
横濱カレーミュージアム顔ハメ

横濱カレーミュージアムは今回初めて行きましたが、店
舗がたくさんあるので、何度か行って、色々食べたいと
今回思いました。なくなると言われなければ行ってな
かったかも知れませんが、なくなってしまうのはちょっ
と悲しいですね...

posted by Okumura at 00:48 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする