2006年10月31日

Perth (パース) 4 日目 (鹿児島パーク)

Perth 4 日目は市内観光をしました。観光と行っても特
に名所をめぐったわけではなく、Swan 川を渡るフェ
リーで対岸まで行ってみたり、Kings Park という公園
をまわってみたりしたぐらいです。

ところで Perth は日本の鹿児島市と姉妹都市なんだそ
うです。Perth には、それを記念した鹿児島パーク
Kagoshima Park という公園が Swan 川沿いにありま
す。宮崎出身で、鹿児島出身の友人を持つ妻が、地図で
この公園を見つけて、ぜひ行きたいと Perth 到着直後
から言っていました。
ということで見に行ってきました。これが鹿児島パーク
です。

鹿児島パーク

近くには鹿児島市長の Mr. Akasaki Yoshinori が 2 回
目 (!) の訪問中 1995/10/14 に植えたという木もあり
ました。市長さんって姉妹都市へ何回も行ったりするも
んなんですね。知りませんでした。
また、鹿児島パークが Perth にある以上、鹿児島には
Perth Park があるに違いないと思います。行く機会が
あれば探してみようと思います。

posted by Okumura at 23:59 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

Fremantle and Sunset coast - フリーマントル、サンセット・コースト

# 2008/06/20(金) 少し追記しました。

Perth 3 日目は、レンタカーでフリーマントル
Fremantle へ行ってフィッシュアンドチップスを食べ、
その後はインド洋沿いをドライブしてきました。フリー
マントルから北側の海岸線の区間は Sunset coast と呼
ばれていて、インド洋に沈む夕日が綺麗なところです。

1 日目、2 日目はカローラを借りていたのですが、3 日
目は安い YARIS (日本名 Vits) を予約してあったので
朝はまずレンタカーの入替えに Hertz へ行きます。

YARIS
YARIS

レンタカーを予約する時、3 日間とも YARIS で予約し
ようとしたのですが、3 日目 (月曜日) しか予約でき
ず、週末の土日は予約できませんでした。どうしようか
と思ってクラスを変更すると土日も予約できた、という
のが、このレンタカー入替えになった理由です。予約し
た時は平日は安く借りれて、週末も少し高いけど車を確
保できてよかったと単純に思っていたのですが、オース
トラリアのレンタカー屋は事務手続きが無茶苦茶遅く
て、車の入替えに 1 時間ぐらいかかってしまいまし
た。海外で観光に使える貴重な 1 時間を無駄に過ごし
てしまったので、後で思い返してみると、多少高くなっ
ても 3 日間ともカローラにしておくべきでした。

ともかく、YARIS を借りてパースを脱出、一路フリーマ
ントルを目指します。

途中前の車のライセンスプレートが「ハイジャック」で
あるのに気付きました。いいんでしょうか...?

ハイジャック (HY JACK) ライセンスプレート
ハイジャック (HY JACK) ライセンスプレート

フリーマントルに着くと、まずはブランチです。今回は
フィッシュアンドチップスの店として有名であるらしい
チセレロズ Cicerello's という、港に面した店に行き
ました。フリーマントルらしい景色を楽しめるお店で
す。

チセレロズ Cicerello's 前で記念写真に収まる妻
チセレロズ Cicerello's 前で記念写真に収まる妻

パスタとフィッシュアンドチップスを注文して、海辺側
のテラス席に場所を確保しました。座っていると、カモ
メがこんなに近くに寄ってきます。

カモメ
カモメ

天気も良くて、テラス席では爽快な気分になれました。

海辺のテラスを楽しむ妻
海辺のテラスを楽しむ妻

こちらは海老のパスタです。
海老はアメリカではシュリンプと呼ぶことが多いのです
が、オーストラリアではプローン prawn と呼ぶのが一
般的なようです。これが出来上がってカウンターで受
取って席に持っていこうとしていたら、日本人女性の観
光客に突然呼び止められ、「それはなんというメニュー
で、どうやったら注文できますか?」と聞かれてしまい
ました。上の方の壁にあるメニューの、けっこう端の方
に載っていたので、あれを指差せば注文できますと教え
ておきましたが、ちゃんと注文できたのでしょうか。

プローンパスタ
プローンパスタ

そしてこちらがフィッシュアンドチップス Fish and
Chips です。

フィッシュアンドチップス Fish and Chips
フィッシュアンドチップス Fish and Chips

こういう形のポテトをチップスと呼ぶのはなんとなく抵
抗があります。写真だとポテトに埋もれてフィッシュフ
ライがほとんど隠れています。比較するものがなくて大
きさがわかりにくいですが、よく見ると写真の奥にマグ
カップのようなものが写っています。これは実はマグ
カップではなく巨大な塩入れなのですが、大きさ的には
普通のマグカップぐらいと思ってもらって間違いありま
せん。比較すると、かなり大きいことがわかってもらえ
るでしょうか。

この店の看板には "THE ORIGINAL & STILL THE
BEST"、"EST. 1903" と書いてありますが、確かに美味
しいです。景色の良さもあり、非常にいい感じのブラン
チでした。

# この後、暇を見つけてはまた追記する予定です。

サンセットコースト、インド洋に沈む夕日

今日も短く、これだけです。

posted by Okumura at 23:59 | ☔ | Comment(3) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

WRC Country Stages

Perth 2 日目、今日 2006/10/29(日) は、WRC Country
Stages を見に行きました。

早朝のステージは諦めて 11:15 頃スタートの SS24
Atkins II と、12:15 頃スタートの SS26 Helena South
II の観戦を目標にしました。
朝食を妻と食べに行きましたが、車が走ってる所を見る
のに興味がない妻は市内観光に行き、私は一人でレース
会場へ向かうため 09:45 頃 Perth を出発しました。
しかし往路で道を間違えて 30 分ほどロスして、けっこ
うぎりぎりの到着になってしまいました。
しかしぎりぎりの時間に到着というのは悪いことばかり
ではありませんでした。会場に向けて走っていると、赤
いラリーカーが路肩にとまっています。自分も近くに車
をとめて見に行ってみると、自転車で怪我をして
Rally Australia を欠場した ローブ Loeb にかわり、
今回カーナンバー 1 をつけているポンズ Pons のシト
ロエン・クサラ Citoroen Xsara WRC でした。

ポンズのシトロエン・クサラ

リエゾン区間のこの部分で、次の SS に向けて空気圧の
調整などをしていたようです。このようなシーンを間近
で見られるのは公道レースであるラリーの良さだと思い
ます。F-1 では考えられない距離感です。

この時点で私は予定より遅れているのですが、このあと
現地についてからも駐車場の入口がわからず 15 分ほど
ロスしてしまいました。結局、SS24 は主なドライバー
が走り終わってからの到着になってしまいました。少し
だけプライベーターが走っているのを見ただけで SS24
を後にして SS26 へ行くバスに乗りました。(ちなみに
なぜ SS24 の次に SS26 へ向かっているかというと、
SS25 には一般の観客が見る場所が設定されていないか
らです)

SS26 は主なドライバーの走行に間に合いました。写真
はイージーライトターンを豪快に曲がっていくカーナン
バー 5 ソルベルグ Solberg のインプレッサ Impreza
WRC です。

ソルベルグのインプレッサ

Perth に戻る前に East Perth 駅で列車の乗車場所など
を確認してたりしたら、セレモニアルゴールに間に合い
ませんでした。失敗したなぁ...

ダイヤルアップなので今日もこのぐらいにしておきま
す。Sydney に戻ったら写真を追加する予定です。

posted by Okumura at 23:21 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

Perth (パース)

来週 2006/10/30(月)〜11/03(金) は休暇をもらったの
で、Perth に来てます。
今日 2006/10/28(土) は基本的に Sydney から移動した
だけですが、夜に行われる WRC の Super Stage を見て
きました。

WRC Super Stage の様子

ホテルは、いまどき珍しいブロードバンドがなく、ダイ
ヤルアップ接続なので、今日の写真はこれだけです...

今朝は Sydney でアパートを出て空港に向かうために駅
へ行くと、電車が止まってるし、Sydney から出る飛行
機の離陸は機体修理の予想以上の時間がかかったとかで
機内で座ったまま 1 時間待たされて遅れるし、Perth
に到着したら予約していたホテルが、部屋の水まわりで
故障があって使えないとかで、系列の別のホテルに移動
させられるし、なぜだかイベントフルな 1 日でした。

明日 2006/10/29(日) は WRC の Country Stage を見て
来ます。

posted by Okumura at 23:59 | ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

ボタニックガーデンピクニック

今日 2006/10/22(日) は妻が作ってくれたサンドイッチ
を持って、ボタニックガーデンにピクニックに行ってき
ました。

ピクニックをする場所へ向かう前にはボタニックガーデ
ンを少し散策して、ミセスマッコリーズポイントへ向か
う側の半島の途中、オペラハウスとハーバーブリッジを
見るいいポイントとなっているあたりで記念撮影したり
してきました。今日は全体としては天気はそんなに悪く
なかったのですが、ちょうどこの時間帯はすごく曇って
いて、残念ながら写真のような全天雲に覆われた状態で
の写真しか取れませんでした。

オペラハウス、ハーバーブリッジを背景に記念撮影

ボタニックガーデンの中でも、オペラハウスに近い側の
少し小高い丘になっている部分の芝生で食べることにし
ました。
そこへ向かう途中で撮った写真です。題して「カモメと
オペラハウスとハーバーブリッジ」(そのままです...)
実は写真嫌いなのか、この直後に飛んで行ってしまいま
したが、この瞬間は、まさに写真を撮られるためにちょ
うどそこにとまってくれたみたいでした。

カモメとオペラハウスとハーバーブリッジ

少し歩いて、目的としていた丘に到着です。こんな感じ
の気持ちのいい景色を見ながら食べることができます。

ボタニックガーデンの景色

そして、これが手作りサンドイッチです。

手作りサンドイッチ

地面に敷くシートを持っていったのですが、いい感じの
ベンチが空いていたので、2 人でならんでベンチで食べ
ました。

ベンチでサンドイッチを食べているところ

ベンチに人が座っていると、鳥がエサをくれないかと
寄ってきます。鳥の種類によって遠慮がちな鳥と、あ
つかましい鳥がいましたが、種類によってはこんな足
元まで寄ってきます。

エサを狙う鳥

食べ終わってしばしダラダラしてから帰ります。オペラ
ハウスの方の出口から帰りました。写真はほぼ正面から
撮ったオペラハウスですが、この建物は横か斜めから見
た時に写真うつりがいいためか、この角度の写真ってあ
まり見ません。正面から見ると、2 つの「貝殻」が離れ
ていることがわかります。中に入ったことがないのでわ
かりませんが、ホールも 2 つあるのでしょうか? 外観
は有名で評価も高い割りに、オペラハウスとしての評判
はあまりよろしくないらしいですが、せっかくなので一
度オペラかコンサートを見に来たいと思っているので、
その時に謎が解明されるでしょう。

オペラハウス正面

オペラハウスの前を通って帰るところで、気持ちよさそ
うな場所にカフェがあったので、コーヒーを飲んで帰る
ことにしました。このカフェは後ろすぐにオペラハウス
があります。

オペラハウス横のカフェ

そして目の前にはキーの港と、ハーバーブリッジが見え
ます。ボタニックガーデンも気持ちのいい場所ですが、
このカフェもなかなかです。

ハーバーブリッジとコーヒー

コーヒーブレイクを終えて、そこからキーの港の反対側
になるロックスへ行きました。有名なレストラン
「キー」の展望室の上のフロアは無料の展望台となって
いるので、そこに上ってみました。高価なキーで食事を
しなくても、この景色が楽しめます。こちらはハーバー
ブリッジです。

ハーバーブリッジ

同じ場所で右の方を見ると、オペラハウスが見えます。

オペラハウス

ロックスへ来たのは、パンケーキオンザロックス
Pancakes on the Rocks
の場所を確認するためです。現
在店舗を改造中で閉店しているのですが、10 月か 11
月にはオープンするということなので、場所を確認しに
来たのです。
私は場所をほぼ認識していたので、すぐに見つけること
ができました。写真がその改装中の店舗ですが、10 月
や 11 月にオープンしそうな雰囲気ではありませんでし
た。果たして我々は滞在中にパンケーキオンザロックス
に行くことができるのでしょうか...

改装中のパンケーキオンザロックス

ロックスをさらにふらふら歩いていると、ルネッサンス
La Renaissance
というケーキ屋さんを発見しました。
妻の記憶では有名でおいしいケーキ屋さんだということ
なので入ってみました。

ルネッサンスのケーキ

確かに美味しそうです。持ち帰りで妻と私で 1 つずつ
買ってしまいました。

ロックスからの帰りは、いつもは歩いて帰っているので
すが、今回は一度乗ってみたかったウオータータクシー
YELLOW WATER TAXIS
に乗ってみることにしました。料
金体系が良くわかりませんが、乗り場で「ダーリング
ハーバーまでいくら?」と聞くと「いまなら 1 人
AU$10.00-」と言うので乗りました。「いまなら」とい
うのがよくわかりませんが、ちょうど他のお客さんが
ダーリングハーバーへ向かうところで、その出発間際に
同乗したので、それで安かったのかも知れません。(Web
site で見ると本来 $15.00- のようです)
ドライバー (というのでしょうか?) のおっちゃんは観
光客の相手が手馴れた感じで、オペラハウスの少し沖、
ハーバーブリッジの奥の方、と寄り道をして少し足をと
めて写真を撮る時間をくれたり、さらにハーバーブリッ
ジを背景に写真を撮ってくれたりしました。写真はハー
バーブリッジへ向かっているところです。プロなので当
然で、船が小さいということもあるのでしょうが、私の
へっぽこ操船 () とは違って、見事な操船でした。私もあれ
ぐらい自由に船を操れるようになりたいです...

ウオータータクシーでハーバーブリッジをくぐる

ダーリングハーバーへ向かう途中、オフィスの建物が見
えました。まぁ、このあたりのどれかです。

勤務先オフィス

ダーリングハーバー到着後、一度帰宅してからチャイナ
タウンのフードコートへ食事に行きました。私は牛肉と
野菜の炒め物を、妻はナシゴレンを食べました。

牛肉と野菜の炒め物

ナシゴレン

帰宅して、食後のデザートは、ロックスで買ってきた
ケーキです。こちらのものとしては甘さ控えめで、なか
なかおいしいケーキでしたが、日本のものと比べると、
やはりかなり甘さがあります。85 ℃のケーキの方が
我々の口には合うようです。

ルネッサンズのケーキ

posted by Okumura at 22:25 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする